77死刑が執行されたオウム真理教の元代表、麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚。1990年代初頭には、テレビのバラエティー番組にも積極的に出演し、ビートたけしや、とんねるずとの共演も果たしていた。新興宗教とメディアの危うい「共犯関係」の実相とは・・



「私に代わって、オウム真理教の教祖をやってもらってもいいんじゃないですかね」「明日からピンクの服着て歩いて、怒られたりして」

麻原の言葉に、冗談で返すたけし。1991年12月30日に放送された『TVタックル』(テレビ朝日系)で、2人が対談した際の一場面だ。

麻原は当時の新興宗教ブームについて、序盤で以下のように語っている。

「来るべきものが来ているんじゃないでしょうか。人間の物質的豊かさがピークに達して、ここでは満足できないと人々が思い出している。そうなると次はどうなるか。内側の世界の探究に入っていく、ということだと思うんですね」


・松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の刑が執行される




テーマは心の豊かさや幸福論、死生観に及び、たけしはこんな風に問題提起する。

「精神的なものになると、どういうものが価値がある考え方で、価値がないのか。何が心の問題で、どう考えることが一番幸せなのかとか、いろいろ考えるんですけどね」

「幸せ、幸福とか言うんだけども、僕としては生きることと同じように死ぬことがいつも背中合わせにあるもんで」

「常に死ぬことが50%の確率であるもんだとしたら、右手と左手を同時に鍛えるように、死ぬことと生きることを同じ分量で考えないと非常にバランスが悪いんじゃないか」

これを受けて麻原は言う。

「オウム真理教の修行の大前提に『死』というものが来ます。ビートたけしさんのこれまでの活躍を見て感じることは、大変思索力の優れた方だなと。絶えずものを考えていらっしゃる」


・北野武×麻原彰晃 対談映像



「私がビックリしたのは、ビートたけしさんがいきなり『死』の話をお出しになったので。さすがだなと思うと同時に、本当の意味での仏教観が根付いていらっしゃるなとちょっとビックリしましたね」

麻原はその後もたけしの主張を受け入れ、肯定し、持ち上げる。

「ビートたけしさんのおっしゃることは、北伝の仏教の最高峰と言われるチベット仏教のなかのマハームドラーという最高の悟りがあるわけですけど。その最高の悟りに到達する道の真髄なんですね」

「仏教のステージでも『普賢』と呼ばれる段階があるわけですけど。そういう段階を前世において経験していらっしゃる証拠だと思うんですね。普通の人はそういうことを考えません」

「人間からすると『神』と呼ばれる存在があるわけなんですけど。そういう世界を(前世で)少なくとも何回か経験していらっしゃる。つまり神の経験をされていることは間違いないでしょうね」・・

・詳細は(source: BuzzFeed Japan - オウム真理教の麻原彰晃がビートたけし、とんねるずに語ったこと


・麻原尊師 生でダラダラいかせて出演 



・面白がってテレビに担ぎ出したのは
テリー伊藤。
たけしやとんねるずはそれに乗っかった。
当時はテリーは天才演出家で売っていたから。

・>メディアは宗教とどう付き合うべきか。考え続けるためのひとつの教訓

それ言うならTBSの問題も出すべきかもな。教訓にもなってない。

・ある意味、危険を顧みない芸能界の大御所だからこそ、対談が穏便に済んだようなもの!二流、三流の芸能人なら、拉致監禁そしてポアされかねないでしょ!

・今回感じたのがTBSがオウム側に坂本弁護士の
インタビュービデオを見せたにも拘らず、
それを、さもなかったことにする姿勢の歪さだ。

・生ダラを見ただけでは、変な人には見えてもこんな凶悪犯罪をやるような悪い奴には見えなかったんだよなぁ。
とんねるずや若者たちに対して態度が悪いわけでもなく、気さくな感じで喋っていたし。
人っていうのはわからない。見抜けないな。

・一時マスコミにすごい持ち上げられたけど、
視聴者が全くオウムを信用してなかったのは、
選挙の投票の結果を見れば分かる。

・麻原がイケメンだったらどうなってたんだろうな。もっと深刻な被害が出てたか、そもそも彼が教祖になることはなかったか。

・たけしは持ち上げたけど、とんねるずはもて遊んだんだけどな。当時。

・なんだか尊師や幹部たちを追悼するような風潮になり始めたな。
ちょっと勘弁して欲しい。

・追悼報道には違和感がある


・堀江貴文 拘置所でオウム死刑囚と一緒だった?