33六本木のキャバクラ店に勤めるキャバ嬢が自身の愛犬であるプードルを虐待する動画がInstagramに投稿され批判を浴びている・・



【動画】六本木のキャバ嬢が愛犬プードルの足をへし折るなどの虐待で大炎上


既に投稿者はInstagramから動画を削除しているが、別の人物が虐待の事実を知ってもらうためにTwitterに転載する形で投稿し「動物は飼い主を選べないから本当に可哀想」とツイート。

ケージの中のトイレの糞を犬が踏んでしまい、マットにおしっこしたことに飼い主が激怒。飼い主はカメラを移動させ、シンクに隠れている犬に向けて物を投げつけるという酷い映像。




犬の足を見ると既に足が折れており、それに対して「もう一本折ってやろうかと思った」と怒っている。

この動画を見た人が動物愛護団体に多数の通報をしているようだ。なおこの虐待を行っていたキャバ嬢は自身のInstagramのアカウントを削除・・