22「美しい日本の私」と題するスピーチが過(よぎ)る嘲り方だった。韓国メディアは、日本が採った戦法を「醜く勝ち上がった。韓国は美しく散った」と批判したのである・・



1次リーグ突破に関する科学的根拠などなかっただろう。文字通り祈ることで、日本はベスト16に進出したのである。その結果を受け、東亜日報は引き続き、

【フェアプレー点数で16強入りに成功した日本、ボールを回しずるずる「フェアプレーの行方不明」】

と論難する。

 むろん、日本には自力で1次リーグを突破してほしいと多くのサポーターが願っていた。今回のプレーは褒められたものではなく、あまりに情けない醜態となった。選手たちも内心、忸怩たる思いがあるだろう。とはいえ、フェアプレーで韓国に云々される謂われはない。

事実、1次リーグの日本のファウル数は参加32カ国で最少の28なのに対し、韓国は最多の63。韓国が受けたイエローカードは10枚でこれはパナマに次いで2位。

メキシコのゴール前に迫った韓国選手がゴールキーパーに対してアフター・チャージ、つまり、既にボールをキャッチした相手にタックルをし、あわや乱闘騒ぎにという一幕もあった。


・前回王者、まさかの敗退! 韓国×ドイツ



この韓国選手はかつて、対日本戦でゴール後に猿まねパフォーマンスをして物議を醸した人物である。サッカーではない何かをやっている気になったのだろう、メキシコの監督が、

「韓国のファウルは24回もあった。フットボールのために必要な予防と措置が取られることを願っている」

と憤慨するのもむべなるかな。また、韓国の公営放送MBCは日本が決勝トーナメント進出を決めた試合を中継していた。

「むしろ、昨日の韓国対ドイツ戦、あの素晴らしい試合を再放送した方が良かったかもしれません」と話したのは、他ならぬ安貞桓(アンジョンファン)。

選手時代と違って、つま先だけじゃなく口先でも商売するようになると、国民におもねる比重も高くなるのは仕方ないのかもしれない。更に、もう一人いた解説者は、

「昨日、浄化された目が汚された感じがします。むしろ、セネガルが正義を具現するゴールを決めてほしい」そう話し、試合終了後に、

「我々は美しく敗退し、日本は醜く勝ち上がった」と口を極めて罵った・・

・詳細は(source: デイリー新潮 - W杯“我々は美しく敗退し、日本は醜く勝ち上がった”と嘲る「韓国サッカー」




・お互い関心を持たない方がいい。

・10億円返してほしい。
自分たちの都合で、ゴールポストを変える方が醜いと思う。

・ベスト4進出は、お金で言うこときかせた 審判のおかげでしょう、決して実力で勝ち上がったわけではない。

・どのツラ下げてそんなことが言えるのかちょっと良く分からない、、、、普通に2002W杯審判買収準決勝進出はW杯史上最大のクロ歴史と思う方に1票、、、、、クロ歴史を美化するのは通用しないからやめた方が良い、、、、

・こっちに興味持たないで下さい

ほんとお願いします

・これからも美しく散り続けて下さい。

・今さらこの話題。
相手にする程の事じゃない。

・やる気無くした相手じゃないと何も出来なかったのが美しい敗退なんだ。。。


・メキシコ監督が韓国のファウル・ラフプレーに激怒