33重度の障害を理由に地域の小学校に通えないのは違法だとして、川崎市に住む親子が通学を認めるよう裁判を起こしました・・



和希くんは先天性ミオパチーという難病で人工呼吸器を装着しているため、たんの吸引などの医療的ケアが必要ですが、母親が付き添うことで地域の幼稚園に通い、今年4月からも母親か父親が付き添って地域の小学校に通いたいと希望しました。

ところが、県と市の教育委員会は「専門的な教育が適切」として就学先を特別支援学校に決めたため、地域の小学校に通えないのは障害者差別解消法などに違反しているとして、県と市の教育委員会を相手取り、横浜地裁に提訴しました。


33-1


33-5


「障害があるから特別ではなく、障害があっても同じクラスにいたから友達だっていう、そういう普通の今まで自分たちが成長してきたものと同じものを与えてあげたいな」(光菅和希くんの父親)

両親は「幼稚園では同年代の友達と接することで笑顔も増えた。大人の指導が中心の特別支援学校では地元の学校のような成長は望めない」と話しています・・

(source: TBS系(JNN) - 重度障害理由に地元小学校へ通えず、親子が提訴




・万が一、何かあった時にすぐに対応が難しいから普通学級は諦めた方が良いんじゃないのかな?
その子一人のために何かある度に授業を中断したり、その子一人のために特別な教員と看護師でも在中さすの?
遠足とか運動会はどうするの?
この両親、ちょっと求めすぎじゃない?

・幼稚園と小学校は違う。親の気持ちもわかるが子の成長が顕著にわかる小学校で「自然と友達ができる環境」を期待するのは児童たちへ負担だと思う。

・同じ、子を持つ親として気持ちは分かりますが現実的には出来ないような気がします。
親が付いているからいいとかそういう問題じゃない気が、、

・特別支援学校の子供たちは成長できないってか

・気の毒だが、仕方ないだろう。
これは親のエゴだと思う。

・無理があります。
他の児童の事も考えて下さい。

・画像見る限りだと、普通の学校に通うのは無理なように思いますが…
申し訳ないけど自分勝手で他の子ども達や親御さんのことを全く考えてないと思う

・申し訳ないけど、私は学校側とか行政が正しいと思う。親御さんの気持ちは分かるけど、全部親ができるわけじゃないしカバーしきれない分を学校とか先生に改めて専門的な事を覚えてもらってうちの子育てていきましょう︎って話でしょ?ちょっと難しくないかなぁ。それに、事あるごとに授業止めたり、近くで吸引とかなったら他の子の授業にも支障が出る気がする。
結局はウチの子は普通の子と生活できるって言う思ってるってことですね。

・可哀想だけど現実的ではないような気がする。
何かあってからじゃ遅いし責任取れないもん。