99土砂崩れと濁流で、大きな被害が出た広島市安芸区矢野東7丁目。スコップを手に、土砂を一心不乱に掘りおこす女性がいた。6日夜から行方不明の広島市立工業高3年の植木将太朗さん(18)の母親だ。「息をしている状態で見つけ出してあげたい」・・



将太朗さんは6日、学校の期末テストを受け、昼過ぎに祖父が運転する車で帰宅。テニス部の練習も雨で中止になった。

午後7時半ごろ、仕事を終えた母親は豪雨の中、車で長女と自宅に向かっていた。あまりにも雨がひどく、車を止めて、将太朗さんに「じいちゃんの家に避難してね」と電話で伝えると、「わかった」と返事があった。祖父の家は数十メートルしか離れていないが、自宅より山から遠かった。

2、3分後に将太朗さんから再び電話があった。「まじでやばいよ」。激しい雨音と、混乱した将太朗さんの声が聞こえた。「何が?」と聞き返すと、「やばいっ!」という叫び声とともに、電話が途切れた。何度も電話をかけたが、応答はなかった。
 

・広島市安芸区矢野で道路が川に



その夜から眠れていない。「将太朗が何も食べられていないのに、私だけ食べることはできない」と、食事もまともにとっていない。

一夜明けて7日、知人女性がツイッターで、将太朗さんらしき人が鉄柵に乗ったまま流されているという情報を見つけた。すぐに投稿者に問い合わせると、特徴が将太朗さんに似ていた。

9日、鉄柵らしきものが植木さん宅の北約700メートルの交差点付近で見つかった。「この近くに将太朗がおる」。この日から母親は休む間もなく土砂を掘り続けている。将太朗さんの通う広島市立工業高校の教員たち約20人も手伝う・・

(source: 朝日新聞デジタル - 「やばいっ!」電話切れた息子探す母 自らスコップ握る





・もういい。胸がつぶされそうだ。
朝日は何がしたいんだ。

・100人以上も亡くなってるから、それぞれ一人一人にドラマや事情はあると思いますけど、悲しんでる人達を追いかけて記事にしなくていいと思います。
この母親の事をニュースにしてどうしたいの?って感じ。

・マスコミに強い憤りを感じます。

・憔悴した母から聞きだしたのか。記者も鬼畜だな。

・子供を持つ親として
無事に見つかって欲しいと願うばかりです。

・読むだけでも母親の切なさが伝わってくる。一刻も早く息子さんを見つけられるといいですね。

・スッキリでの阿部リポーターもこの女性にインタビューしてましたよね。
しつこいくらいに。
女性がかわいそう過ぎる。
そんな場合じゃないのに。。。

・タイやモリカケより水害の事を放送すべき。

・記事の内容伝わるけど、
聞いている暇あるなら探して
あげてほしい。
お母さんは悲鳴をあげてる
年齢関係なく、人を助けるが優先
息子さんの無事を願ってますし
被災地に必要な情報をたくさん
出して知らせてあげて下さい。

・自分たちのところに来る台風や降雪は大騒ぎするくせに
東京の人にとっては地方の水害なんか他人事なんだろうね。
政治や報道の扱いが低すぎる。


・「平成30年7月豪雨」広島市安芸区矢野(被災状況)