66上越市は11日夕、市民向けの防犯・災害情報メールで「不審者事案の発生についてお知らせします」と告知。市立大潟小学校区内の路上で、「(子供が)男から『テレビに映らないか』と声をかけられるという事案が発生しました」と伝えた・・



男の特徴については、年齢30~40代で、服装は黒のTシャツにジーパン。眼鏡をかけ、手には小型のビデオカメラを持っていたと紹介。その上で、「登下校時や子どもだけで遊んでいるときには地域のみなさんの見守りをお願いします」と注意を呼び掛けていた。

だがその翌日。上越市は12日昼に、「不審者情報(続報)」と題したメールを配信。「不審者事案の行為者の判明についてお知らせします」として、

「昨日配信した、『大潟町小学校区内のコンビニ前の路上で「テレビに映らないか」と声をかけられた事案』は、実際にテレビ局の取材であったことが判明しました」

と改めて情報を発信したのだ。




本日(7月11日)午後4時20分頃、大潟町小学校区内のコンビニ前の路上で、男から「テレビに映らないか」と声を掛けられるという事案が発生しました。

男の特徴は、年齢30から40歳代、黒色の半袖Tシャツ、ジーパン、メガネを掛け、小型のビデオカメラを所持していました。


登下校時や子どもだけで遊んでいるときには地域のみなさんの見守りをお願いします。



昨日配信した、「大潟町小学校区内のコンビニ前の路上で「テレビに映らないか」と声を掛けられた事案」は、実際にテレビ局の取材であったことが判明しました。


 テレビ局の取材が「不審者の声かけ」と誤解されるという珍事は、ネット上でも注目を集めることに。ツイッターやネット掲示板には、

  「笑ってしまった」
  「小型のビデオカメラひとりだけだと素人くさく見えるよね」
  「普通所属のテレビ局と番組名、取材の意図を先に言うべきなんじゃないの? 不審者扱いされても仕方ない」

などの反応が寄せられている・・

(source: J-CASTニュース - 「テレビに映らないか」男の不審者情報→本物の局の取材でした なぜこんな誤解が?


・街頭インタビュー



・誤解ではなく、
用心に越したことはない話。
きちんと結果も配信しているし。

・正しい対応だと思う。
警戒して用心して、結果違ったのならそれでいい。

・不審者が多すぎ。しかたない。

・「テレビに映らないか」
この声かけは変だと思う。

・今の時代は仕方がないのかも。
駅や場所を聞くだけでも不審者になりますから。

・そりゃビデオカメラを片手に、得体の知らない見た目がパッとしないオッサン一人がそういう声かけをしてきたら不審者と見なされても仕方ない。

・誰か分からない状況なら仕方ない!
世知辛い世の中に感じる人もいるかも知らないが、子供の安全を考えれば仕方ない!

・仕方なくない?
公園みたいに保護者含めて人がたくさんいる中ならまだしも
子供1人の時に声かけてきたら怖いよ
今時局の住所とかなんて簡単に入手できるしプリンターで簡単に名刺も作れる

・児童ポの制作屋かと思った。
怪しすぎる( ̄▽ ̄;)

・コスト削減なのか知らないけど、最近ディレクター1人で家庭用サイズのビデオカメラで取材してるのをよく見かける。
どっかのケーブルテレビか地方局かと思ってたらキー局で放送されてびっくりした。


・中川家 ロケのカメラとAD