44スーパーで買い物をしていると、いろいろな店で同じメロディーが聞こえてくる。そう思ったことはないだろうか。「ポポーポポポポ、ポポーポポポポ、ポポポポポ~」という、やけに耳に残る曲だ・・



呼び込み君を製造販売しているのは、群馬県みどり市の企業、群馬電機だ。呼び込み君はBGMが印象的だが、機能はそれだけではない。アナウンス録音再生機能や人感知センサーが付いていて、人が近づいたときに、録音したアナウンスを流すことができる。また、BGMは「ポポーポポポポ」以外にもう1曲入っている。

呼び込み君は、これまでに累計約4万台を販売。現在もスーパーを中心に、月300~400台を出荷しているという。

発売後、全国のスーパーに広まっていったが、そのきっかけは何だったのか。藤巻さんは「あくまで想像ですが」と前置きをした上で、こう説明する。
「発売当初、生協さんに採用していただき、全国にあるコープのお店に設置されました。そこで流れていた曲を小売業の関係者があちこちで耳にして、広まっていったのではないでしょうか」


・呼び込み君



発売から18年たっても廃れずに呼び込み君が使われ続けている。その理由について藤巻さんは「やはり、音楽の力ではないでしょうか」と話す。

「『気になる』『耳に残る』という声が多く、今でもたくさんお問い合わせをいただきます」。また、スーパーなどの売り場で流れる曲として定着していることから、「お客さんを呼んでくれる効果がある」という声もあるという。

呼び込み君は群馬電機のWebサイトで、1台から購入できる。価格はLED付きで2万9800円、LEDなしで2万1800円(いずれも税別)。
個人で購入するケースもあるという。「お子さまへのプレゼントとして購入される方もよくいらっしゃいますね。お子さまが店で曲を聞いて、気に入ってしまうそうです」・・

・詳細は(source: ITmedia ビジネスオンライン - スーパーでよく聞く「ポポーポポポポ」 18年たっても愛される理由




・焼き芋コーナーによく置いてあるわ。いつも思うけどたまに聞くだけでもやかましいのに、お店の人とか気が狂わないのかなと思う。

・地元スーパー限定だと思ってた(笑)

・最初は、地元の特定スーパーだけかと思っていたら、引っ越した先の系列全然違うスーパーでも流れていたから、ああ共通の音楽だったんだ〜と思っていた。一度聴いたら忘れませんね。独特で。
たしかに文字にしたらポポーポポポポなんだけど、知らない人からしたら、???ってなりますなw

・特定のスーパーだけのものと思ってたらどこのスーパーでも流れてるという不思議な曲。
地味に凄い。

・ポポーポポポポだけで分かるはずがない。

・これこれ!気になってたw

エスポットに流れていてまったりな感じが好き。

・ドンキはどこかしらの売場に置いてある。
かなりウザイ。

・前も似たような記事があって、いまいちポポーの曲が分からなかったけど今回気になりすぎてYouTube見てきた(検索したらありました)。この曲か!と。単音じゃなくて伴奏混みだったからポポーだけじゃ分からなかった、確かにこれ大手スーパーでも聴くやつだなあ。

・千葉では聞いた事ない


・呼び込み君