56経営難に陥っている大塚家具が、他の企業からの出資を検討していることを受けて、大塚家具を去った前会長の勝久氏が日本テレビの単独取材に応じ、無念さをあらわにした・・



3年半前、父親との経営権争いの末、大塚家具の社長の座を死守した娘の久美子氏。経営改革を続けてきたが、2年連続で赤字を計上。自力での再建が困難になる中、今月4日、他の企業などからの支援を検討していることがわかった。

その候補に挙げられているのが、貸し会議室大手の「TKP」や「ヨドバシカメラ」など。

ヨドバシカメラ 藤沢昭和社長「(Q:大塚家具に出資されますか?)別にうちからではなく、向こうが勝手にいろいろ言ってきてる」


・話題となっている 大塚家具の報道




現『匠大塚』会長 大塚勝久氏「(報道を見て)非常に残念だったし、寂しいですよ。なぜ私に話しなかったのって。寝ずに働いてつくった会社ですから。どこにもまねできない会社をつくろうと思って。まさか3年半でこうなっているとは思いませんでした」

「今まで大塚家具を育ててくれたお客さんを無視しちゃったということ。いい物買うなら大塚家具。大塚家具で買ったことを自慢できた。そういうことを言えなくなるような会社に移行していったのが一番の問題だったと思います」・・

(source: 日本テレビ系(NNN) - 大塚家具が経営難 父「なぜ話さなかった」


34


67


・悲しい親子関係。経営力は父の方に分があったと思う。

・商売の難しい所、、富裕層の商売が薄利多売の一般向け商売か。

今回は、お父さんの言う事が正しいのかもですね。

・イメージ悪くて買う人も激減だろうね
親父さんと上手くやってれば違ってたと思うけど後の祭りふだね〜

・大塚家具って借金なくてキャッシュ100億以上あったのにたった3年半で傾かせたって凄いね。厳しい経営環境とはいえ本当に無能だったんだろうね。

・あのとき久美子社長の後ろについた幹部たち、
立場ないだろうなぁ。

・お金持ちになったら、ここで買い物したい。
そんな成金趣味を満たしてくれそうな店が一つなくなったなって、この騒動の時に思いました。
ここにはもう夢がない。
そりゃ、足を運ぶお客様もいなくなるはずだ。

・親子かもしれないけど、先に裏切ったのは娘。
もう娘を無視し、新しい会社だけを考えてた方がいいと思う。

・舵取りを間違えると一瞬にして赤字になるんだ。
来年にはM&A、数年後には名前も変わってしまうのでは。

・女社長は経営者というより経営管理者。
お父さんの代の大塚家具は本当に素晴らしい会社だった。金持ちのステータスだった。

・寝ずに働いて作った会社ってのは間違い無いだろう。経営権を取られるより、自分が作った会社が衰退する事の方が辛いかもね。


・大塚家具が経営難 父「なぜ話さなかった」