79西川史子が7日、ニッポン放送「ラジオ ビバリー昼ズ」に生出演し、世間を騒がせている東京医科大の不正入試問題について発言した・・





5日の「サンデージャポン」で、「当たり前です、これは。(成績の)上から取っていったら、女性ばっかりになっちゃうんです。女性と男性の比率はちゃんと考えてないといけない」と発言し、ネット上で議論を巻き起こした西川。

この日も「やっぱり女性と男性は役割が違う。女性ばかりを医者にしてしまうと眼科と皮膚科ばかりになってしまう」と医療現場の実情を知る立場からの主張を繰り返し、

「外科は女性だと大変です。人の太腿だけでも20キロある。女医だと持てないですね。私は持てません。成績だけで学生を採ると全部女になってしまいますよ。男はバカだけど力はありますからね。文学部ならば男女同じレベルでやるべき。医学部は職業選択になってきますからね」と持論を展開した。


・話題となっている 東京医科大の騒動



・西川史子さんの発言が話題に



西川の「サンデージャポン」での発言は大きな反響を呼び、6日の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)ではフリーアナウンサーの高橋真麻(36)が「納得できない」と異を唱えた。

西川は「高橋真麻ちゃんが私のことをバッシングしていた」と気になった様子で、真麻に直接連絡したという。真麻からは「そんなつもりではありません」と返答されたというが、「彼女は『試験は公正であるべき』と言いたかった。でも私は『実情は違うよ』と」と話していた・・

(source: スポニチアネックス - 西川史子“バッシングされた”高橋真麻に直接連絡…東京医科大問題、医師の立場から再び持論


・高橋真麻「西川史子発言”に猛反発」と報道されていた


高橋は「受験は人生を変えるぐらい大事なこと。昨日、別のコメンテーターさんが『点数が高い順から取っていくと、女子だけになっちゃうから結構あることです』みたいな発言をしていたんですが、私の中では納得出来ない」と西川の名前を伏せながら反論した。

・当たり前だけど持論は持論、いろいろな意見があるべき、でも、自分は西川さんのコメントは賛同するところがある、救命救急などの現場での女性医師は見かけることが少なすぎ。

・医者の免許も専門別にして、学科も定員も分けたらいいんですよ。
力があっても整形外科や救急に男性が志望してくれるわけじゃない。
男女どちらも楽な方に流れちゃうんだから、
男女で分けるより、専門科制にしないと偏りは無くならないよ。

・自分がその世界に居ないし見ていないからわからないのが現状だが。やはり現場に居る方々で話すのがいいと思う。現場を知らない人が言ったところで何とかなる話とは思わないし。その意見をメディアで討論すべきか?と疑問もある。現場に携わっていない人の意見は意見のひとつとして聞く程度でいいと思うが。

・女がほとんどの専門職ですが、結婚退職多いです。私も出産を機に退職しました。
そして、その業種は慢性的にいつも
人材不足です。医師がそのようになったら
と思うとゾッとします。定員制にするべきだし、
西川さんの言うことも間違ってないと
思うけど、そっと減点っていうのが
よくないんでしょう。

・これは西川さん、高橋さんの両方とも間違ったことは言っていないと思う。

・西川さんが言っていることは本当そうだと思う。
大学の定員に男女の比率を記入すればいいんじゃないか?

まぁー比率書いたところで問題問題って騒ぐんだろうけどね。

医者は開業しなきゃ儲からん。

勤務医は馬車馬のように働き、時間給から考えれば安い賃金。
女医が増えれば、産休やら結婚とかで辞めてしまう方が多くなから必然的に男の受験生を合格させたくなるわな。

大学が黙ってやるから悪い。

・初めから男女の募集をすれば良いって
意見あるけど
男 70人 女30人って募集したら
たちまち男女差別だって騒ぐでしょ

・現場の問題はわからないけれど、だったら男子医科大、女子医科大を作った方がいい。
そして、3浪以上の場合はプラス何点とらなければ合格できないとか。
裏口入学よりもたちが悪いと思う。


・不正入試「前理事長らが主導」東京医大が調査報告書(18/08/07)