32世界中の大事件や災害を言い当てたということで有名な予言者ジュセリーノ。「2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の巨大地震が起きる」と、衝撃的な予言を発表して話題になったことは記憶に新しいだろう・・



8月中に南海トラフ巨大地震、ジュセリーノの最新予言がヤバい


実際、巨大地震はジュセリーノが予言していた6月21日には起きなかったものの、わずか3日前の6月18日に大阪府北部を震源地とするマグニチュード6.1、震度6弱の大地震が発生した。
これは、彼が予言した当時と比べて未来の状況や世界線の変化に“ずれ”が生じたためと思われる。なので、やはりジュセリーノは未来を見通していたのではないだろうか?

まず、ジュセリーノは公式サイト内「2018年の日本の有名人の死亡」において、今年の2月の時点で複数の日本の著名人の死を予言的中させていた。たとえば、西城秀樹が4月25日に入院して5月16日に横浜の病院で急性心不全で亡くなることや、4月に亡くなった朝丘雪路、5月に亡くなった星由里子の死までも言い当てていたのである。

そのほかにも、元千葉市議が起こした千葉4人殺傷事件(5月13日発生)、千葉市役所に爆破予告の郵便が届いた事件(5月14日発生)、西荻窪で起きた銀行強盗事件(5月16日発生)、名古屋のネットカフェ殺人事件(5月17日発生)など、日本で起こった悲惨な事件の数々まで予言していた。

そして、2003年5月20日に発生した吉川友梨ちゃん行方不明事件について、ジュセリーノは、「国内で違法に働く人身売買の組織によって誘拐された」と記している。


・ジュセリーノ氏



ジュセリーノは、「日本の洪水について」にて今回の大雨被害について言及。さらに、「この嵐は10月の終わりまで続く」と予言している。

また、7月23日に埼玉県熊谷市では最高気温が41.1度に達するなど各地で観測史上最高を記録する猛暑が続いたが、ジュセリーノはサイト内の「熱波は63度に達し、冷たい呪文は2023年までに100度以上に達する可能性があります」にて、日本の異常な猛暑にも触れている。
これは地球温暖化の影響によるものとしており、温暖化対策、つまり二酸化炭素の排出量を削減しなければ、このまま気温がどんどん上昇して2023年までに100度以上に達する危険性を予言しているのだ。

さらに恐ろしいことに、彼は「2043年に人類はこれまで繰り返してきた環境破壊の報いを受けて人類の80%が死滅する」ことも予言。つまり、人類を襲う水害や猛暑は人類滅亡の予兆なのだろうか・・

・詳細はソース


・南海トラフ巨大地震シミュレーション



・またデマですか?

・本当に大地震が起きて欲しいわ
現代は あまりにも殺伐としている

・このサイトって嘘ばっかりで人に不安を植え付けて何がしたいんだろうね?
定期的に南海トラフ来る来る詐欺やってるし。

・こんなの嘘だろ。予言、予言うるさいんだなぁ。化学的に証明してくれないと。

・やばいもうすぐじゃん!
一生懸命頑張って貯金してきたけど、この記事読んで未来が絶望に変わったわマジで。
今のうちにいっぱい散財して悔いが残らないように死のっと!

・「未来は変えられる…」とか、ハズレたときの予防線はっとるし。

・ジュセリーノにどんどん予言して欲しい。こいつの予言は必ずハズレる(´,_ゝ`) プッ

・地震とか水害は神様でも予測できないと有名なスピリチャルカウンセラーさんが言ってました。
身近にいるスピリチャルカウンセラーさんはまだ力あると思います。予言で人を脅すのは悪徳宗教です

・多分 自分達の生きてる時代には
地球規模の大災害は発生しないでしょう

・あとだし、ジョセリーノ。

・何回もこんなこと言われたら怖くなくなったんやけど笑
勘弁してくれー。

・>>東海地方でマグニチュード10.6

こんな言葉を吐き出す時点でめちゃくちゃです。
小惑星衝突レベルのエネルギーであり下手すれば人類滅亡レベル!
マグニチュードは2段階上がるたびにエネルギーは1000倍になる
1段階あがるとエネルギーは約31.62277倍となる(√1000=31.62277)
東日本大震災がM9.0だからM10.6は東日本大震災の約252.2倍となるありえん値です。
(31.62277^1.6 = 252.2)

・んー
南海トラフ7月にも来るって言ってて当たって無かったから
今回もハズレなんだろー


・ジュセリーノの正体(字幕)インチキを暴いたブラジルのTV