65――デビュー時は1日に21本の仕事をこなす多忙なスケジュールでしたが、現在は?
はまやねん(以下、はま):酷なことを聞きますね…。1日1本くらいです・・



田中:オフが3日ある週もあります。昨年のテレビ出演は4回。しかもはまの“不倫ネタ”(苦笑)。ほそぼそですが、頑張ってますよ! なんでも聞いてください!

――では早速。今年1月、YouTubeに“反日疑惑”に反論する動画を投稿しました。正直、“今さら”という感じがありましたけど…。

田中:噂が出始めた当時は、ぼくたちが反応すると余計おもしろがるだろうから、否定も肯定もしないスタンスだったんです。根も葉もない噂だし、そのうち沈静化するだろうと。それが裏目に出て、どんどんエスカレートしてしまい、ぼくらが出演した番組のスポンサーにクレームが入ったりして、テレビ局にご迷惑をお掛けしてしまいました。

はま:番組のプロデューサーには、事実どうこうじゃなく「騒動が収まるまでまで様子を見よう」とと言われました。

田中:昨年、YouTubeに「干された芸人まとめ動画」が上がったんです。それがものすごい再生数で、1位になりました。これ以上誤解が広がってはいけないので、きちんと説明しておこうと。

はま:視聴者の反応としては、反論が遅すぎて「もうええねん」って空気感でしたけどね(苦笑)。


・8.6秒バズーカー 「ラッスンゴレライ」でブレイク



――『遂に真相をお話します。。。』とタイトルがついている反論動画、テレビのバラエティーのような構成でしたね。

田中:実は、とある番組で、炎上した理由や反論を述べるはずだったんです。2016年の終わりには収録済みで、オンエア待ちだったんですけど、放送できなくなってしまってらしく…。だから番組のADさんに許可をもらって、同じ台本を使いました。スタッフの方がリサーチしてくれたので、ぼくらが知らなかったこともあったんです。


はま:噂を放置した結果、炎上してネットに書きこまれた総数、約26万件とか。

田中:本当に、時代って感じですよね。ぼくらのブレイクは、深夜番組に出演した時の動画が、YouTubeで1000万回再生されたことがきっかけです。そして、ネットの噂の影響で一気に人気が落ちた。今の時代の“上がり下がり”を、両方感じました。

――ところで、最高月収は1人500万円だったそうですが、今は?

田中:直近の月収で言うと、ぼくは70万円、30万円、50万円でしたね。

――案外、多いですね。

田中:もっと悲しいやつのほうがよかったですか?(笑い) ぼくらを叩いてるやつよりもらってるかも(笑い)。

はま:やめろ、また別の意味で炎上するから。

田中:テレビの仕事は減っても、営業は全国に行ってますから。結婚式の余興もするし、ショッピングセンターとか、劇場とか・・

・詳細は(source: NEWSポストセブン - 8.6秒バズーカー 現在の月収いくら?の質問に明かした金額


・反日疑惑騒動が話題に



・何が面白いのかわからなかったな。
てかまだ居たのか。

・30万もあるのか!?もっと少ないと思った。一発当てればすごい。
アドリブのフリートーク面白くないからな、、、
田中シングルとパンサー向井って兄弟かな??

・中間層じゃん。

年収300万時代に

・一発屋で終わる人って、フリートークが全く面白くない。
ニャンコスターもすでに消えたし。
一から出直してください。

・全然面白さわからなかったな。

・どこが面白かったか未だ分からない


・8.6秒があき竹城に言われたキツイ一言