87急速に存在感を増している不良集団「半グレ」。警察庁が一部を「準暴力団」と位置づけて全国警察に取締の強化を指示する中、これまでも半グレが暗躍してきた大阪ミナミでまた一つ、危険な集団が浮上した。その名は「軍団立石」・・



 「なにメンチ切っとんねん」「俺の女に手を出したやろ!」

 昨年9月、若者やサラリーマンが行き交うミナミの歓楽街で、酔客がこんな因縁をつけられ、暴行されて金品を奪われる強盗致傷事件が相次いで発生した。

 府警によると、被害に遭ったのはいずれも、クラブ周辺を歩いていた10~20代の男性6人。見るからに不良然とした男から突然声を掛けられ、反論すると、どこからともなく集まった仲間の男らに取り囲まれた。

 犯行グループの特徴は執拗なまでの暴行。前歯を折られたり、頭部に全治3週間の打撲を負わされたりした被害者もいた。うむを言わさない暴力で相手を無抵抗にした上で、現金の入った財布やかばんを奪うのが手口だった。被害総額は約130万円に上った。






 府警は今年7月までに強盗致傷などの容疑で、リーダー格の無職男(24)ら18~28歳の男女8人を逮捕、送検。取り調べの過程で、男らが「軍団立石」なるグループ名を自称していることが分かった。

 捜査関係者によると、軍団立石は数年前に活動を始め、10~20代の約60人で構成。グループ名は結成当時の中心メンバーにちなんで名付けたとされる。

 一般市民を狙った強盗致傷や恐喝、詐欺などをシノギ(資金獲得活動)とし、中心メンバーには暴力団組織との個人的な関係が確認されている。

 摘発された8人はグループのメンバーやクラブ仲間ら。暴行役や加勢役、金品を奪う役などそれぞれが役割を持ち、盗んだ現金や金品を換金して分配するなど、組織立って暴行や強奪を繰り返していた・・

・詳細は(source: 産経ニュース - もう一つの暴力集団「半グレ」、その危険な「シノギ」









・半グレ集団『O7』リーダー格の男に有罪判決