53芸能人の被災地支援の動きがゾクゾク報じられるなか、アノ軍団の名が見当たらない。炊き出しといえば元祖の「石原プロモーション」である。今回は行かないの?



「実は事情がありまして……」と話すのは、石原プロの広報担当者だ。

「昨年8月末に小樽にあった石原裕次郎記念館を閉館したのですが、同じ敷地内に100坪程度の倉庫も所有していたんです。その倉庫に炊き出し用具を保管していたのですが、閉館に伴い、それらすべてを処分してしまったんです」


・木村拓哉・三宅健・生田斗真らが被災地広島呉市に訪問



・斎藤工が被災地広島でボランティア活動



毎度、遠路はるばる小樽からキャラバンしていたとは驚きだが、「道具に加えて、スタッフの人員不足や年齢的なものもあって、なかなか難しいんです」。となると、もうあの名物ともいえる炊き出しは見られないのだろうか。

「道具はリースすることもできますから、まあ、ペンディングです」

来週22日から「石原裕次郎の軌跡」と題し、全国巡回展を行う石原プロ。そこで何かしらできないかと検討しているという・・

(source: 日刊ゲンダイDIGITAL - 石原プロ名物“炊き出し”は? 被災地に行けない意外なワケ


・キムタク、TOKIO長瀬、V6岡田が石原プロと被災地熊本で炊き出し参加




・渡哲也さんを初め皆さん歳を取ったのであまり無理を去れると色々と他のスタッフにも迷惑がかかるので、今は行かない方がいいと思います

・被災地支援は炊き出しだけではなく、様々な方法がありますので炊き出しに拘る必要はないのかもしれませんね。
ただ、石原プロが炊き出しに来てくれたら喜ばれることは間違いないですけど。

・メインの方達の年齢がかなり上がっているので、直後の猛暑状態に行ってしまったらご本人たちが倒れてしまうかもしれない。それでは本末転倒になってしまうから慎重に考えてるのではないでしょうか。別に直後にしなきゃいけないわけでもないし、炊き出しだけが支援でもないですしね。

・今までどれだけ貢献されてきたか、炊き出しの先駆者でもあったわけだし十分役目は果たしたのではないだろうか。
もうここで次の世代にタスキを渡してもいいと思う。
軍団の炊き出しの姿はとてもかっこよかったです。

・もう年齢的に無理してほしくない。
炊き出し中に倒れたら、本末転倒だしイメージダウン。

・やって下さってた恩恵、貢献度は
勿論言わずもがなですが、石原プロさん
だけがやらなきゃいけないのか?って
気も、しないでもないです。
其れこそ、国会議員がやったら
良いんじゃないですか?
力仕事じゃ役に立たないだろうし。

・道具なんてより一番の理由は渡さんでは
病気療養中の方が先頭に立ってできるはずない
お酒のCM出演はかなり無理を感じる
ま、これは断れないのか

・石原プロの財布もそうとう厳しいのかな?働いてるのも館ひろしと神田正輝くらいじゃ事務所維持も大変だろう。

・故小林専務も、居ないし出来ないでしょうね
それに、被災者以外の方が集まりすぎて混乱させてしまっていたしな


・小樽「石原裕次郎記念館」26年間の足跡残し閉館