67高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」を自宅で製造したなどとして、愛知県警は20日、名古屋市緑区の大学1年の少年(19)を爆発物取締罰則違反(製造など)の疑いで逮捕した・・



過酸化アセトンはわずかな衝撃や摩擦、火花で爆発する威力の強い爆薬で、2015年11月のパリの同時テロでも使用された。

インターネット上には製法を記したサイトがあり、原料の入手や製造も比較的容易で、欧米では「サタン(魔王)の母」とも呼ばれている・・

(source: 読売新聞 - 仏テロ使用の爆薬「魔王の母」製造、少年を逮捕


・サタンの母 高性能爆薬 TATP



・警察もよくぞ逮捕してくれたものだな。大阪の逃走犯のことといい、捜査能力は大丈夫なのかと思ったこともあったので良かったよ。それにしても、この少年もその頭脳と行動力を良い意味で世のため人のために使用してもらいたかったよな。仮に興味本位だったとしても危険すぎるよな。

・少年法撤廃を。

・内乱罪で極刑が良い
良い前例を作ろう♪

・黒須真純さんの命を奪ったアレか

・一昔前の爆弾テロの悪夢がよみがえる
あの過激派の生き残りが
成田土地選挙や原発反対、米軍基地妨害をやってる連中なんですよね
市民グループと名前を変えてます

・殺人遺棄事件が相次いでる間に
今度は爆薬か···

そもそもネットに製造法があるのがおかしな話

・愛知県なら最大組織のヤー公の事務所で高給で雇ってもらえるな


・TATP 30グラムの威力