33自動販売機の裏技がないとして、それでは実際の当選確率はどのくらいなのでしょうか。調べたところ、現在出回っている自動販売機はだいたい任意で当選確率を設定できる仕様になっているそうです・・



当たりつき自販機の当選確率は


当選確率は最高でも2%、つまり50本に1本だと考えてよさそうです。なぜならそれよりも高い確率になると景品表示法に抵触してしまうそう。当たりつきの自動販売機で50本に1本以上の確率で当たりを出している人は強運を自負していいでしょう。

また、悪質な当たり付き自動販売機も多く、当選確率0%に設定している自動販売機も存在するそうです。「当たりが出るまで買い続けてやる!」なんて意地を張っていると、とんでもない沼にハマってしまう可能性もあるかもしれません……。


・当たり付き自販機で絶対に当てる方法!?



森永製菓を代表するチョコ菓子「チョコボール」も当たりつきのお菓子。実は筆者の高校時代、このチョコボールの当たりを完璧に見分けることができる友人がいました。

その友人は「くちばしの部分がこうなってると当たり」なんて言いながら駄菓子屋で1個購入し、開封すると見事に当たりというのを何回も見せてもらいました。
ネットを調べてみると、これまでにたくさんの人やメディアが見分け方を検証し、いくつか明らかになったことがあるようです。

まず、チョコボールの製造ラインはいくつか存在します。そして当たりの商品は別のラインで製造されているそうです。さらに製造ラインによってプリントの一部の色が変わったり、線が太くなったりする場合があること。これらは数多く検証されてきた結果、事実だと考えてよさそうです。


・2018年最新【100%当たる】チョコボールの見分け方!?



駄菓子屋やコンビニの駄菓子コーナーでよく売られている10円ガムやガリガリ君なども当たりつきの定番。実はこれらの商品は、比較的当選確率が高めで、その確率は問屋やネットショップなどを見れば一目瞭然。

例えば、ガリガリ君は1箱32本入りで販売されていますが、販売価格は31本分として計算されているとのうわさが。これは32本のうち1本当たりが入っていて、当たり分が最初から用意されているのだとか。

さらに調べてみると、10円ガムは55個入って50個分の価格になっているそう。当たりが1箱に5個入っている計算。当選確率は11分の1ということになりますから、事実ならかなりの高確率となりそうです。


・10円ガムの当て方教えます



・ガリガリ君の絶対に当たる方法を使って無限ループが出来る!?