22先天性の病気で生まれつき右足が短く、義足を付けて生活をしている12歳の少女が、イモトアヤコと共に約3,000mの登山に挑戦。26日の午後4時前に見事登頂を果たしたのだが、感動のシーンが無残にも遮られてしまうトラブルが発生してしまった・・



午後4時前に、琴寧さんとイモトたちは立山の山頂に到着。登頂するまさにその瞬間が生中継され、冷たい風が吹き付ける中、呼吸を整えた琴寧さんは、「お母さんへの手紙」を読みはじめた。

イモトに支えられるようなかたちで、「お母さんへの手紙」を読みはじめた琴寧さんだったが、思いが込み上げ、涙で言葉をつまらせてしまう場面も。

そんな琴寧さんからの思いを受け止め、登山の様子もずっと見守ってきた母が、涙をこぼしながら娘に言葉をかけはじめたそのとき…中継が切り替わるタイミングとなってしまい、「母から娘へ」言葉が贈られる感動のシーンが強制的にカットされてしまった。


・問題のシーン



羽鳥慎一アナは「お母さんがまだ喋っています、お母さんがまだ喋っているのに、画面切り替えていいんですか!?」と、スタッフに必死に訴えた。

しかし、咄嗟のことに対応が間に合わなかったのか、画面は武道館前でゲストを迎えする賑やかなシーンへと一気に切り替わりってしまった。

中継トラブルの一部始終を見守った視聴者からは、やむを得ない出来事とはいえ、琴寧さん母娘の気持ちを尊重し、必死に訴えた羽鳥アナの言動を称賛する声が相次いでいる・・

(source: しらべぇ - 『24時間テレビ』義足での登頂シーンに羽鳥慎一が激怒 その理由に称賛相次ぐ







・意味の無い糞偽善芸能人お涙頂戴ショー&毎年恒例の障害者虐待番組。高額な出演者の報酬を全て寄付する事こそ本当のチャリティーでは?不愉快で大嫌いな番組なんで今すぐ終わらせて欲しい。

・障害者を無下にしていることが露呈してしまった(笑)

・視てないので、あれですが。この番組はタレントが主役ですから、当然でしょうね。

・娘さんのコメントを巻いて、母親のコメントを前撮りすべきだったね。
ちゃんと完走したか、バラエティー番組ですから、どうにでもなるでしょう。
現場スタッフが悪い。

・最低な番組という事が改めてわかって良かったじゃん

・もう、この番組時間の無駄
やめてほしい

・羽鳥はそんないい人ちゃうからね
みんな簡単に騙されすぎ
日本人チョロいわ

・24時間テレビの中継切断は今に始まったことではない。
過去には武道館でマラソンランナーを元気づける為の応援ソングを歌っている途中で場面が切り替わったこともある。
今回は武道館に募金しに来た芸能人を紹介する為に場面が切り替わったみたいだけど、感動する場面より芸能人紹介のほうが優先なのかよ。

・番組の尺のために中継を容赦なくバッサリカット。
日テレのスタッフは視聴率を取るために障害者を見世物のように扱う性根が腐ってる連中ばかりみたいです。

・最後だけちょっと観たけど、みやぞんがゴールしてイッテQの共演者にインタビューしてるのに、これといって関係ないDAIGOがずっと近くにしゃがみ込んでてマイク持って動いてる水卜アナの邪魔になってるのにどこうともせず不快に感じた。


・【放送事故】羽鳥アナ、注意する 予備