432複数の海外メディアは、デンマークのとある学校に通う9年生(日本における中学3年生)の女子生徒5人が、Wi-Fiの電磁波が生物に与える悪影響について驚くべき実験結果を導き出したと報じている・・



電磁波を「浴びた植物」と「浴びてない植物」の比較画像がヤバい


女子生徒の1人であるリア・ニールセンさんは、就寝中に携帯をベッドの近くに置いていると、実感として不眠症になりやすくなることに気づいた。そこで、「原因はWi-Fiの電磁波ではないか?」と疑い、クレス(アブラナ科の野菜)の種子を用いる以下のような実験を思いついたという。

・ 400粒のクレスの種子を、12のトレイに分けて蒔く。
・ Wi-Fiルーターがある部屋と無い部屋に、それぞれトレイを6つずつ設置。
・ 2つの部屋はWi-Fiルーターの有無以外は、水・日光・室温も同じに保つ。

そして12日後、2つの部屋に置かれたクレスの種子の成長過程に大きな違いが現れたのである。ルーターのない部屋に置かれたクレスの種子は、緑豊かで健康的に成長していた。

しかし、ルーターのある部屋に置かれたクレスの種子は干からびて、ほぼ成長していなかったばかりか、一部の種子には変異が見られたのである!


78


なんとも不気味な話であるが、Wi-Fiの電磁波が不眠症のみならず精神の不安定やめまい、吐き気、さらに不妊症をも引き起こす可能性があることは以前から指摘されてきた。

英・エクセター大学の研究によると、携帯電話の電磁波が男性の精子に悪影響を与えることが判明した。精子が電磁波に晒されることで運動性能が平均8%低下、さらに生存能力も劣化するという。

同様の事象はイタリアのカターニア大学でも報告されている。また、電磁波は女性の甲状腺ホルモンに影響し、更年期を早めるとともに卵巣にダメージを与えることが指摘されている。

また、2017年には米・カリフォルニア州公衆衛生局が「携帯電話が人体に及ぼす影響を考慮して、可能な限り使用を控えること」を提言。電磁波と脳腫瘍、不妊、頭痛、学習障害、自律神経の不調などとの関連も指摘された・・

・詳細はソース


・5G WiFi Router Experiment On Plant Growth



・「あなたも霊視ができる本」、とある古本屋で108円で売っています。
イメージが悪くなるので、最低取引価格をもっと高価にするよう働きかけては?

・だから、そのことをSNS中毒末期症状の百瀬に教えてやれって。

・横に置いてるしwifiも繋がってるけど寝すぎなくらい寝れるわ

・そんなこと気にもせず

時代は4Gから5Gへ


・スマホ、Wi-Fiの電磁波の影響がヤバいの知ってる!?