348日の午後6時30分から9日の午後9時54分まで放送された、フジテレビ系長編特別番組『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』の平均視聴率が7.3%だったことが10日、明らかになった・・



昨年より内容を一新した際の8.5%、2016年に記録した歴代ワーストの7.7%を下回る結果となった。瞬間最高視聴率は9日午後6時56分に記録した15.4%で、コーナーは『サザエさん』だった。

これまで“お笑い”に特化してきた『27時間テレビ』だが、昨年から一転して“にほんのれきし”をテーマにバラエティー、ドラマ、情報、スポーツ、アニメ「学び、笑い、楽しむ」を詰め込んだエンターテインメントを追求するものへと変化。放送形態も、従来の生放送から収録へと転換された。


・FNS27時間テレビ


今回は「にほん人は何を食べてきたのか?」をテーマに据えて、昨年に引き続き総合司会はビートたけし、キャプテンは村上信五が担当。食のれきしサポーターに林修氏、食堂長にバカリズム、タビビトに上戸彩が起用され、テーマソングは関ジャニ∞の楽曲「今」だった。

村上と千原ジュニアがぶらり旅をして、そこであつめたネタを後日自分の落語に仕上げて、スタジオで披露する『旅する落語』、たけしと姉・安子さんのテレビ初共演が実現した『たけし村上農場』、1時間に1回どこかで松岡修造が出てくる『毎時間修造』など、バラエティー豊かな構成が話題となった・・

(source: 時事通信 - ビートたけし&村上信五タッグの『FNS27時間テレビ』平均視聴率7.3% 歴代ワーストに






・昔のほうが楽しかった。
あと生放送がいいよね。
日テレの24テレビのようにジャニーズを定着させないで欲しいです。

・27時間もやる必要があるのだろうか?いつ、何が始まるかわからないから、結局他局を選択してしまう。やるなら凝縮して中身のある番組にしてほしい。昔とはテレビの視聴の仕方も全く変わってきているのに、テレビ局側は相変わらず。局内から辞めようという意見は出ないのか?それとも出せないのか?24時間テレビも同じく。

・歴史を考えるのは結構面白くて良かったけど、料理に関しては良かったものと詰まらない企画が混載していて勿体ない。一つのテーマで追い求めるのに、27時間は長い。大坂なおみの快挙があったからそちらを見てしまった。

・視聴率低迷の理由はいろいろあるよね。

・そもそもTVを見る習慣が減っている。
・個人的にはたけしさん好きだけど、やっぱり挨拶でマイクに頭をぶつけたりといったボケは古く、今の若い子たちにはウケない、つまり若い層を取り込めない。

内容自体は笑いを取り入れながら勉強になる事で良かったんだけどね。

ところで、関ジャニの村上はなんであんなに偉そうなの?
たけしさんに結構な頻度でタメ口、ネタだとしてもジジイいい加減にせえよ!って見てて気分悪い。
トークが上手い訳でも、笑いを取っている訳でもなく、単に大きい声で突っ込んでるだけ。

たけしさんもだいぶ丸くなって、許容してるけど、天狗になりすぎ。
さんまさんや所さんがタメ口なのは、たけしさんとの信頼関係があっての事だって事を理解して欲しいんだが。

・おもしろいとかおもしろくない以前に話題にならなかったね。お祭りなのにやってるのを知らなかったり、関心がなかったりはいちばんきついね

・ダメなところ=収録にしたこと。バラエティのフジテレビが教育番組に特化してしまった点。日テレに追随しジャニーズタレントにジャックされたところ。時間の長さに耐えうるコンテンツがなく司会者にひきつけるものもなく終始間延び感があった。なにより面白いものがほとんどなかった点。

・歴史の中の食というどっち付かずな話になってしまったかな。
去年、歴史だったので食をもっと深くやった方が良かったんじゃないかな。
まぁ今までの見ても何の役にも立たない番組や偽善チャリティよりは良い。しかし27時間は長過ぎ、3時間連夜特番くらいのが良いかな。