356眞子さまの“一途な思い”は変わっていないと話すのは秋篠宮家関係者・・



「いまだに眞子さまの結婚のご意思がまったく変わらないのは理由があるんです。大学時代に出会ったおふたりは早い段階で“将来の結婚”を視野に入れて交際されていました。さらに眞子さまは、佳代さんのパート先であるケーキ店『M』にも訪れるほど、小室家と交流を深めていらっしゃったようです。

秋篠宮ご夫妻に圭さんを初めて紹介するときには、“結婚する”と意思を強く固めてから臨まれたそうですよ」

“彼を十分に理解している”という自負をおもちだからこそ、眞子さまは彼をかばうようなこんな“発言”を周囲にされたという。

「眞子さまは、今夏のブラジルへの公式訪問前、学習院女子時代から一緒でICU(国際基督教大学)でも同級生だったとても仲のいい女性の結婚式に出席されていました。

その際、出席していた友人に、小室さんについて“私のせいで、あんなに世間に晒されて……。彼に申し訳ない……”とおっしゃっていたのです。つらそうな雰囲気だったので、小室さんのことをとても大事に思われていると感じましたね」(眞子さまの知人)


・話題となっている 小室圭さんの報道




これまで、眞子さまが抱く小室さんへの思いや肉声はほとんど報じられてこなかったが、心を許す近しい人物には“本音”を吐露されていたのだ。

「眞子さまは、自分との婚約が内定したことで、小室家の過去や現在の動向などを際限なくマスコミに報道され、プライバシーがなくなってしまったことに心を痛められているのでしょう。

逆に、小室さんがここまでプライバシーを報じられても婚約内定を辞退しないのは、“眞子さまのご意思は変わらない”という確信があるからだと思います」(皇室ジャーナリスト)

携帯電話で頻繁に連絡をとり合われているというおふたりの絆は、そうとうにお強いのだろう。この皇室ジャーナリストが続ける。

「小室家に関するスキャンダルがいくつも報じられ、秋篠宮ご夫妻や国民は、小室さんに対する不信感が募っている現状ですが、眞子さまのご意思は変わっておられません。友人の結婚式での発言でもわかりますが、小室さんに対する“周囲とのズレ”はお感じになっていても“小室さんを信じ切っている”のでしょう」・・

・詳細は(source: 週刊女性PRIME - 眞子さまが吐露された本音「私のせいで、あんなに世間に晒されて」


・小室圭さん NYで入学初日迎える 同級生は称賛?



・皇族としての自覚が全くなく、自分たちのことしか頭にないのだということがわかる記事です。
気分はすっかり「悲劇のヒロイン」なのでしょうが、小室親子が叩かれているのは、彼らがしてきたことのせいです。
マスコミが小室家の問題の数々を報道しなかったら問題なかったのにと眞子さまが思われているのであれば、呆れ果てます。

国民のことを全く思いやることができない皇族は不要と言われても仕方ないです。
昭和天皇のお心の在り様から学ばれることはなかったのでしょうか。
日本の皇族は海外の成金とは違うのだと思ってきましたが、自分たちで生計を立てていない分、余計にタチが悪いでしょう。

・眞子様、完全にkkの人たらし術にはまり、洗脳されてます。
読んでて「ああ、やっぱり…。」と嫌な予感が当たってしまいました。

眞子様はその優しさや愛情深さにつけ込まれ、「彼は皆が言ってるような悪い人じゃない。私一人になっても、彼を信じ続けなければ…」と、激しく思い込んでらっしゃいます。

残念ながら、国民の我慢はもう限界に来ています。もし、来月末のお誕生日会見の際にでも「私はまだ kさんと結婚したい。」などと匂わせようなものなら、世間の怒りが爆発し、本当に皇室廃止論が沸き起こってしまうでしょう。

自分の感情に蓋をし、自身を律してコントロールするのも、内親王として御生れになった方の責務の一つです。
周りの意見を受け入れ、破談に同意しなければ、何時迄も愚かな姫であったと、後世まで語り継がれてしまいますよ。

・紀子さまは恐らくはご自身の娘たちには皇族にとらわれず恋愛をしてほしいと思っていたのでしょう。しかしその育て方がこういう結果を招きました。紀子さまが率先して反対するのはある意味で正しいしある意味で紀子さまも例え女性宮家とはいえ帝王学とまでは行かなくとも皇族に生まれた以上、そのメリットとデメリットをちゃんと説いて皇族であることも含めてふさわしいお相手を見つけるように教育すべきでしたよ。
少なくともあなた方は海外の要人たちに日本の顔(象徴)の一族として公務を行い、またご成婚されたら一般人になるとはいえ現状では税金によって生活を営んでいるのですから一個人の惚れた腫れたも人間としては大切ですが宮家としての宿命もまた大切です。

・確かに小室さん、眞子さまに甘いところがあったのは確かだが、5年も二人の交際を見守り、素性を調べもせず簡単に二人の会見を開かせた宮内庁や秋篠宮の両親にかなりの責任がある。

なのに庶民の小室さん一人に全ての責任をおわせるかのような報道はおかしいと思っていたし、皇室もこの状態を放置するようなら、普段の国民を思いやるかのようなお言葉も嘘くさく感じる気がする。
個人的にはお金よりもこっちが問題。

眞子さまもそのことに心を痛めておられる気がするし、この感覚自体は真っ当だと思うんだが…

ただ税金の使い道としては疑問の残るところ。やはり国民の不信感を払拭するために秋篠宮殿下からの説明は必要だと思う。

・眞子さま…、完全にお花畑の住人ですね。現実が見えていない。
小室氏が世間に晒されて申し訳なく思うのなら、破談にすれば良いでしょうに。
学生時代からのお付き合いで、情があると思いますが、彼は借金トラブルなど色々隠していたんですよ?。留学も経緯の怪しい奨学金や他人のお金で、ホイホイ留学しているんですよ。
眞子さまのせいで、これまで真摯に公務を果たしてきた秋篠宮家も、「世間に晒されて」ますよ。
降嫁するからと自由に育て過ぎた秋篠宮ご夫妻も問題もあります。何故お付き合いを始めた時に、小室氏の素性を調べなかったのか。

・なぜ小室と結婚できないのかしてはならないのか
ここまで理解されないとは本当に税金払うのが嫌になってくるね
払うのは構わんけど税金使うならそれ相応の価値のある行動してくれ
余ってる金納めてるわけじゃねーんだよこっちは


・最近の眞子さま