467女子テニスのスーパースターであるセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)の風刺画を描いたオーストリア出身の漫画家が、批判の嵐にさらされている・・



人気児童小説「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの原作者J・K・ローリング(JK Rowling)氏は、問題の描写について「人種差別と性差別で冷やかすもの」と不快感をあらわにした。

豪メルボルンの地元紙ヘラルド・サン(Herald Sun)で10日に掲載されたマーク・ナイト(Mark Knight)氏の風刺画では、たくましい体格で分厚い唇をしたセレーナが、全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2018)の試合中に、跳びはねながら壊れたラケットを踏みつけている姿が描かれていた。

この試合で大坂なおみ(Naomi Osaka)に敗れたセレーナは、四大大会(グランドスラム)のシングルス史上最多記録に並ぶ通算24勝目がお預けとなったが、この風刺画では、主審が大坂に対して「彼女に勝たせてあげてくれないか?」と話しかけている様子も示されている。


・話題となっている 大坂なおみさんの報道




・問題の風刺画



これまでも物議を醸す漫画を描いていることで知られるナイト氏は、米議員をはじめ世界中からやり玉に挙げられており、問題の風刺画が投稿された同氏のツイッター(Twitter)には2万2000件のコメントが寄せられ、そのほとんどは批判的なものとなっている。

中でもローリング氏は、「よくもスポーツ界で最も偉大な女子選手を人種差別と性差別で冷やかして笑い者にし、もう一人の偉大な女性選手を顔なしのでくの坊にしてくれたものだ」と非難した。

 これらの批判の声に対し、ナイト氏は自身が描いたオーストリアのスター選手ニック・キリオス(Nick Kyrgios)の「行儀の悪い」肖像画を引き合いに、「人間の振る舞いに関して、性別を持ち出すな」と反論した・・

(source: AFPBB News - 激高するセレーナの「差別的」風刺画、豪漫画家に世界中から批判の嵐


・抗議するセリーナ・ウィリアムズ選手




・セリーナの女王らしからぬ態度は、世界からみるとこういうことなのでしょう。
案外 国際社会は、公平な見方をするものですね。

・よく表現できています、すばらしい

・指摘部分の特徴が無ければ、もはやセレーナではなくなる。

道具を大切にしないプロスポーツ選手でもある。
ラケットのスポンサーであるウィルソンに大変失礼。

・風刺画というのは権力者や地位のある人を風刺することに意味があると思うので、これは良いんじゃないでしょうか?
とにかく見っともなかったってことです。

・現実この絵のまんまだったと思うが。
過激な描写はどの点??

・何で豪漫画家を批判するのか。この漫画が多くの人達の感じたままを表してる。

・これが差別的と受け取る人、、、おかしくない?
良く特徴と風刺が効いてるのに。

・おもしろいと思ったけど。こんなんじゃ風刺画も気楽に描けないですね。

これは性別や人種差別じゃなくて、プロフェッショナルとしての態度の問題だと思うんですけど。


・セレーナ・ウィリアムス選手の行動 アメリカでも議論に