36番組では4度目の逮捕となった高橋容疑者について特集。自身も6度の逮捕を経験した清水に単独インタビューし、繰り返してしまう薬物の恐怖を聞いた・・



清水は「3回あることは4回ある。周りの友達のサポートとかあって初めて治る病気だと思う。依存症という病気ですよ」とキッパリ。
もちろん誰もが2度とやらないという意志があるものの「オレもそうだったけど、でも(意志が)堅いんだけど、その間の隙間にクラック、ヒビがあったらすっと入ってくるのが覚醒剤」とその恐ろしさを語った。

清水も再犯を繰り返してしまったが、逮捕された時は「もうね、捕まって『ありがとうございます』と警察に言えた。そのままだったら死んでた」という状態だったという。


・話題となっている 高橋祐也容疑者が逮捕された報道




・6度の逮捕を経験した清水健太郎さん



番組スタッフの「今はまったく(違法薬物は)ない?」と確認すると「何か疑ってるの?」。
そして「うちの妻に『私と覚醒剤、どっちを取るの?』って。『ドラッグを取るなら私は帰る』と。自分は『お前を取る』と」と妻の覚悟を決めた支えがあったから立ち直れたと断言し、
「(高橋容疑者には)愛する者とか、守るべき者がなかったんだと思う。ぼくは妻に立ち直らせてもらった。本当にありがたいと思っている」と最愛の妻に感謝した。

傷心の三田については「お母さんもそう、奥さんもそう、お父さんもそう、子供もそう、友達もそう。支えていかなきゃ。目で見張っておかないと」と家族で支えて欲しいと懇願。

「永遠に?」というスタッフの質問に「そうですよ。でもどっかでやめます。そうやって皆で支えてくれてると伝わったらやめる。まだ伝わってないんですよ」と訴えていた・・

(source: デイリースポーツ - 清水健太郎、4度逮捕の三田佳子次男へ「絶対立ち直れるから」




・全く説得力ない。覚せい剤は一度やったら100%やめられない。立ち直ったと思ってる人は、覚せい剤を手にするタイミングがないだけ。手にはいると思ったらまたやるよ。それだけ恐ろしいものだと思う。

・6回も捕まってる人が言っても説得力無さすぎ。
今は家族の支えがあるからやってないのかもしれないが、依存は簡単には治らないから依存なんだろうから。
売る側からした良い客だろうし、ある程度お金を持っていそうだし。
この人がこのまま本当にやめられたまま亡くなれば、言ったことが本当だって思える。
今はまだ過程にすぎない。

・この人もだけど依存症というより交友関係に問題があると思う

・普通に5回目の逮捕があると思う。

・「絶対」はない。この人が言うと余計にそう思う。

・悪いけど、しみけんさん三田さん息子も再犯すると思う…

固い意志はわかるけど、それを簡単に壊すのが覚せい剤だと思う。

・清水さんとはちょと違う様な気がする。
 母三田桂子さん自体がお金を困らない程度のお金を置いているから仕事もまともじゃないでしょう。
 楽をしたい気持ちが舞い上がり本人の努力が見えないお金を渡す親に問題だと思う。

・さすがに4度目となると…しかも依存度かなり高そうじゃないですか…。突き放した方が危機感持つと思うし、また弱った時に手を出してしまう事がクセになっているので、やはり親の方は突き放した方が本人の為なのかな?と思ったりします。
本当に支えられるのは、病院スタッフや支援団体だけなんじゃないかなと。なぜタバコだけで済ませなかったんだろう…覚醒剤の話は保健体育の授業だけでも充分恐ろしさを感じたほどです。