25レクサスは日本向けの新型『ES』(Lexus ES)に、量産車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用することを発表した・・



デジタルアウターミラーは、車両のドアミラー位置に取り付けられたデジタルカメラ内蔵の小型ユニットにて撮影した車両左右後方の映像を、フロントピラー部に設置された5インチのディスプレイに表示させるものだ。

通常のドアミラーと比べ、目線移動量が減少することで、ドライバーの負担を軽くしながら歪みのない視界をモニターに映し出す。またカメラ内蔵ユニットの小型化により、斜め前方の死角も減少させている。




さらに夜間などの暗い場所でも自動で明るさを調整し、周囲の明るさに応じた映像で視界を確保。雨天時も雨の影響を受けにくい形状と、カメラにヒーターを内蔵し霧などで水分が付着した際も除去する。

また室内搭載ディスプレイにより、サイドウィンドウが濡れた状態でも視界を確保することができるほか、ドアミラーよりも小型なユニットであることから、風切り音の低減というメリットも有している・・

(source: レスポンス - レクサスが「ミラーレス」に…量産車で世界初、10月発売のレクサス ES に




・ルームミラーをバックカメラ化した車種が既にあるけど、普通のミラーを使ってた人からするとかなり使いづらい。
頭の位置を少し動かして見る範囲を調整するとか、視界の広さとか。

多分、広角レンズで視野を広くとって画像加工で見やすくはするんだろうけど。装着車両に最初に乗る層の事故率とか評価で流れは決まるんだろうか…

・ショーモデルはカメラ部が1/3程度の大きさだったから思ったよりカメラがデカイ。
あとモニターをフロントピラー左右に設置するなら、カメラ化の利点である「視線移動に伴うよそ見や眼精疲労」の解消には意味が無い。

本来モニターは中央に設置すれば合理的なのだろうが、通常のドアミラーに慣れている人の為にモニターを分割した方が良いと、レクサスは判断したのかな?

・ようやく発売
死角を無くすため
たくさんの車種に採用して欲しい
最初は見慣れないから
違和感があるかも
ザガートって車あったよね
あれは ミラー内蔵のボンネットが イマイチだった

・オプションが飽和状態になってきたから、何か無いかな的な発想でミラーレス... 
何でも電子化すればいいってもんじゃないと思う。故障でミラーが使えないだけでその時点で走行不能だ。アナログで何か問題でも? 本当に必要だったらもっと早く開発されているはず・・・。

・慣れるまで怖いだろうなー。
試乗してみたい。

・いざとなったら(カメラの故障時とか)手動でパカっとミラーが出せますよ、、、とかでなければカメラの位置はここじゃなくてもいい気がします 笑

・十数年後には
「昔は車にミラーが付いてたんだよな」って時代がくる。

・何?ドアに付いている変な棒は?

あんなのが付いていたら、ドアミラーが付いているのと同じだからデザイン的には大した変化がない。

改良の余地がありあり。


・デジタルアウターミラー