3453筆者の情報公開請求とプレジデント社との共同取材により、自衛隊幹部は公務員の中でも異様な低学歴集団であることが判明した。しかも、それは米軍や韓国軍にも劣るレベルだという・・



まず目立つのは大卒の低さである。大卒以上の幹部(尉官以上)は45.9%しか存在しない(2017年10月末時)。大卒率ほぼ100%のキャリアの国家公務員や米軍の現役幹部の83.8%(15年時)と比べると異常な低さだ。

次に修士以上も酷い状況だ。米軍の現役幹部の41.5%が修士号以上を取得している。しかし、自衛隊幹部は僅か5.02%のみ。特に航空自衛隊幹部は3.64%でしかない(18年4月時)。

そして、注目すべきは高卒の多さである。なんと自衛隊幹部の51%が高卒以下であり、一佐ですら3%の80人が高卒であった(17年10月末時)。中卒の一佐も3人いた。一佐とは、諸官庁では課長級であり、連隊長ともなれば数百~1000人の部下をまとめる職である。


・陸上自衛隊幹部候補生の一日



では、なぜそうなってしまうのか。それは自衛隊が第1に、諸外国の軍隊の中でも知性を軽視しているからだ。

米軍の場合は基本的に将校は学位を保有せねばならず、保有しない将校でも大尉になれば一定期間までに学位を取らねばならないとなっている。将軍では2つや3つの修士はザラである。

自衛隊の場合は、そうした規定もなく、また積極的に国内外の大学に幹部を留学させる仕組みも乏しい。防衛省を含む各省庁のキャリア官僚は、基本的に海外の大学院に留学させるが、自衛隊では非常に限定される。国内の大学院へ行けばはみ出し者扱いされるという。

第2は、自衛隊の専門知識や学問に対する軽視だ。特に陸上自衛隊では、職場の机の上に書籍(軍事や戦争の専門書でも)を置いているだけで上司からにらまれることが多々あり、検閲の場合は私物として隠さねばならない。
業務に直接関係のないものを置くのは美しくないためだ。これでは、自ら外部の教育機関で学ぼうとする意欲を持つ人間はつまはじきにされてしまう・・

・詳細は(source: プレジデントオンライン - 自衛隊幹部が異様な低学歴集団である理由


・震災を経験した自衛隊員の思いを聞きました



・「低学歴」という言い方には違和感を覚えるが,記事の中にある「学びの場が与えられていない」というのは深刻だと思う。

どんな仕事にも研修の機会が与えられるべきだと思うし,多様な取り組みや考えに触れる機会は保証されるべきだろうと考える。

実際に自分が仕事してみて,学歴も大切だが大多数は現場での学びだったし,これからもきっとそうだと思う。

 今後の活動に必要なことがあるなら,その学びの機会は与えられて然るべき

ただ「学歴」というくくりで断罪するのは言語道断だろう

・幹部候補生を排出することが目的の防衛大学があるじゃないですか。
それより、そもそも高卒の何が悪いって言うんでしょうか?

日本の自衛隊は半ば継子扱いにもかかわらず、日頃から災害救助など本当に立派な仕事をしていると思います。
幹部が高卒だろうが何だろうが、私は感謝し敬服していますよ。

・学歴が高くても不祥事を起こす自衛官よりも、学歴は高卒程度でも真面目に任務に当たる自衛官の方がいい。

高卒や、中には中卒の佐官がいる事を悪く書いていますけど、それは彼らが一兵卒や幹部候補生として若い頃から訓練に励み、叩き上げで努力してきたから今の地位にあるわけで、ただ学歴が低い一点だけで偏見を持ち、そういった彼らの努力の部分がまるで考慮されていない記事に疑問を感じます。

確かに、任務に直接役立つ・役立たないに関わらず私物の専門書を机に持っていて上司が嫌な顔する、理解を得られないという組織の体質は良くないとは思うし、そういう古い体質は変えていかなければならないとは思いますが…。

・「異様な低学歴」という表現に酷い上から目線と差別性を感じる。詳しい内情は知らないけど、幹部の育成や補充の仕方に問題があるのか。必要数に対して一般大卒・院卒からの採用を狭き門にしすぎてないのか。高卒だからすべてダメなんてことはなく、その個人の資質と努力にもかかわると思う、でも、一般社会でも高卒でその世界に飛び込んだ人は上位に昇っても、その社会以外の幅広い知識・教養等に乏しいという傾向があるかも知れない。自衛隊制服幹部を一般企業・大学等に派遣することを増やせという意見は頷けるが、これまで受け入れ側において、自衛隊アレルギーとか周りからの非難を恐れるといった風潮はなかったのか。

・周辺で自衛隊に入った人は全員高卒。全員が高校では体育系クラブで鍛えて体力には自信があり、性格も明るく良い人たちだ。動機はさまざまで、人を助けたい、いろんな資格がとれる、カッコいい、自己鍛練のため等だが、とくに国防という意識からではなかった。
学歴があればいいとは思わないが、高卒が多い職場というのはかなり偏っている。長いこと防衛費削減ばかりいわれてきて内部の人材教育は後回しにされていたのか。これからの時代は入隊後の進学や留学の道がもっと広がればいいと思う。


・幹部自衛官への道 陸自編