356]13日午後7時10分ごろ、岡山県倉敷市玉島八島の市道交差点で、近くに住む谷野叶真ちゃん(4)がペダルのない2輪車「ランニングバイク」で走行中、ワンボックスカーと衝突した・・



同署によると、現場は信号のない交差点で、叶真ちゃんは道路を直進し、左折してきたワンボックスカーの前部にぶつかった。祖父が犬の散歩で後ろを歩いていた。

ランニングバイクは、ペダルがなく脚で地面を蹴って進む2輪の遊具。叶真ちゃんが乗っていたのはブレーキが付いていないタイプで、ヘルメットは着用していなかった・・

(source: 時事通信 - ランニングバイクの4歳死亡=公道で車に衝突―岡山


・ストライダー ランニングバイク



・子供の暴走具合と祖父の危機管理能力を総合して預けないと。乗り物乗った4歳男の子を祖父にって、中々厳しいよね。しかも犬もいたら尚更。真横を並走出来るなら話は別だけど。

・これ危ないのよ。楽しい物も使い方間違うと大きな事故になる。まず公道はだめ。

・じいちゃんの目の前で亡くなったのか。
悔やんでも悔やみ切れないだろうなぁ。

・そもそも公道を走ってはいけないのでは?
保護者がいたのならしっかりして頂きたい。

・後悔先に立たずですが、万が一の為にヘルメットは、しといた方がいい。

車の方もしっかり見てなかった可能性大ですが。

4歳か・・・かわいそうに。

・ストライダーって方が一般的なのでは?
にしても午後7時じゃそもそも暗くて危ないわな。
ワンボックスからだとかなり見にくいと思う。
どんな場所か全く知らないが、交通量の少ない道路だから安心してたのかな?

・よく似た危なっかしいシーンは、普段時々みることがあります。大多数はたまたま重大な事故にならなかっただけです。道路には危険がいっぱいあることをしっかり意識することが責任のある立場の保護者に必要だと思います。


・ランニングバイク 選手権