123ウルトラス・ニッポンは1992年に結成した日本代表のサポーター集団。公式サイトでは「組織ではない」「気の合った者同士が集っているだけ」としているが、Tシャツなどのグッズ展開も多数。中心人物とされる男性がメディアに顔を出すこともしばしばだ・・



ウルトラスといえば、いまや日本サポーターの代名詞にもなった、試合後の「ゴミ拾い」を始めた集団としても有名だ。18年のロシアW杯では、英BBCなど複数の海外メディアが、日本戦後のゴミ拾いを称えたことでも話題になった。

「ウルトラス」Tシャツ集団が、「ウルトラス・ニッポン」と同一かどうかは不明だが、そんなサポーターの観戦マナーを批判するツイートが、今回のコスタリカ戦後に相次いで寄せられた。現地を訪れていた複数のサポーターが、彼らの迷惑行為を指摘したのだ。

J-CASTニュースの取材に応じた会社員男性(45)は、代表のユニフォームや「ウルトラス」と書かれたTシャツを着た集団が、スタジアム外の路上に段ボールやペットボトルなどのゴミを放置していたと訴える。




放置されていたのは、入場待機列の場所取りで使われたダンボール数枚と500ミリリットルのペットボトルが20~30本。ペットボトルには人数など記したシールが貼られていて、場所取りのシート替わりになっていたという。

また、「ウルトラス」Tシャツをそろって着ていたゴール裏集団が、試合中に周囲の迷惑になる行為を繰り返していたとの声も。

この集団の近くで観戦していたという会社員男性(25)は取材に対し、試合中に背後からビールを浴びせかけられたと訴える。頭から背中までびしょ濡れになったと怒り心頭で訴える。

さらに、上記の集団の多くが椅子の上に土足で立って応援をしていたとも指摘。自らは吹田スタジアムをホームとするガンバ大阪のサポーターだとして、「こういった行動で私達のホームが汚されるのは本当に許せない」と訴えていた・・

・詳細は(source: J-CASTニュース - 「日本代表サポ」が「ゴミ放置」「ビール撒き散らし」 コスタリカ戦で「迷惑行為」続発







・1人でも居れば全てを否定されることを、よく考えて応援しなければ。

・実名出してさらして欲しい。

・やめて欲しいね。
わざわざ下げる必要ないでしょ。

・ウルトラさんがどうこうと言うより、最近の日本人のモラルはこんなものでしょう。ハロウィンでわかってることだ

・海外に行くほど熱心なサポーターではないのでは。
祭りで暴れるのと同じような人たちだろう。

・日本人がマナーが良いんじゃなく、W杯等では注目されてるからマナーが良いフリをしてるだけです。
実際にスタンドがゴミでぐちゃぐちゃって光景を良く見るからね。

・海外行くと良く見られたいと思うから普段しない行動を取る。
海外で浴衣着たら侍のカッコしたりな。
日本ではしねえくせに。

・日本人サポーターがみんな意識高いことはないけど、マナー違反は出禁でいいでしょ。

・これが普通の日本人だろ。道路に平気でポイ捨てする人未だにいるし。海外に対して美化されすぎ。なぜか外国に行くといいかっこする。

・FC東京のコールリーダーでしょ。


・ウルトラス