22266最初の逮捕は98年。高橋容疑者は18歳だったが、三田が小遣いとして月に50万円をわたすこともあったと報じられた。その後も00年と07年に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されたが、3度目の逮捕時に報じられた小遣い額は70万円になっていた・・



「三田さんは『子供の不祥事で、私の女優人生が左右されるのはさすがにもう嫌……』と言っていました。ただ『忙しさにかまけて母らしいことをしてあげられなかった』という後ろめたさもあったのではないでしょうか」(三田の知人)

本誌17年12月5日号では、高橋容疑者の“暴行騒動”をスクープ。元乃木坂46の大和里菜(23)が「交際している男性に殴られた」として交番に駆け込んだところ、相手が高橋容疑者だったというもの。このときも高橋容疑者の驚きの金銭感覚が明らかになっていた。

「高橋容疑者が住んでいたのは、都内有数の高級住宅街。『今でも1日15万円もらっている』『家族カードも持っていて、月200万円使うことがある』と豪語していたそうです。大和さんは『彼に会うと、必ず車代として3万円をくれる』と話していました(大和の知人)


・話題となっている 高橋祐也容疑者の報道




今年4月にはテレビ番組に出演し、04年までの生涯収入が47億円だったと紹介されていた三田。だが、息子にはこんな“涙の訴え”をしていたという。

「高橋容疑者は『母親から絵が送られてきたこともあった』と漏らしていたそうです。彼によると、三田さんから『もうお金がないの。これを売って何とかして……』と言われたそうです。

そこまで尽くしても、彼は『母親は俺に逆らえない。もう言いなりだよ』とうそぶいていたといいます。『過保護のカホコ』が放送されたときは『ドラマのギャラが1千万円入るから、俺が全部もらってやる!』とも言っていたそうです」

三田の所属事務所は小遣いや家族カードを渡していたことや、絵画を送ったことについて「そのような事実はありません」と否定。だが、高橋容疑者を10年前から知る知人は語る。

「彼は『クスリなんてどこでも買えるんですよ』と平気な顔で言うんです。また三田さんからお小遣いをもらっていることについても、『僕がお金をせびっているんじゃない。親がお金をあげるというからもらっているだけなんです』と言っていました」・・

(source: 女性自身 - 三田佳子「もうお金ないの…」高橋祐也容疑者のタカリ地獄


37





・あなたの甘やかした子育ての結果がこれと思う。

普通に次男終了と思う。

縁を切った方がいろんな意味で良いと思う。

・こうなってしまってからは手遅れ。
何事も最初が肝心だったってことだよね。

・親がお金あげるというからもらってるとか絶対嘘でしょ。
たかってたんでしょうね。
これが独身ならまだしも三田さんからしたら嫁も子供もいる今の状況的には出しざる得なかったのかもしれません。
それが結局、薬を買う為に使われててこの結果に繋がったのかもしれませんが。

・こんなにも親をナメた大人に育っていたら、更生するのは難しいかもしれないですね。
後は親が死んだときどう思うか、、、でも三田さんの残す多額の財産でまた薬買うかもしれないですね。

・いつも思うのは何故母だけが責められるかな?
旦那さんには何の責任もないの?
私は旦那さんの方に多大な責任があると思うけど
女優さんと結婚したのは貴方!しかも大女優でしょ。収入差だってあり得ないほどでしょ!世間では家事をしない旦那にデスノートまであったりするのだからそこら辺同じじゃないかしら?いやそれ以上でしょう。可哀想過ぎますよね、三田さんが。ある監督の奥さんの女優さんは手が荒れたら良くないからと家の中の事は全て監督さんがされるって話されてました。三田さん もう
貴方のせいではありません 二度目の成人式を迎える人は育ちがどうとか関係ないです。自分の頭で考える事ですから

・「人は変われる」と言うけど、これはなかなか難しそう。。。

・お金を渡しておくことが愛情と思ってしまっていたことがよくなかった。

・子供が小さい時は仕事が忙しくて構ってあげれなかったからお金で。仕事が落ち着いて時間ができても、もう愛情のかけ方が分からないんだろうね。


・三田佳子次男逮捕で、清水健太郎が語る