22119日午前4時ごろ、仙台市宮城野区東仙台2丁目の宮城県警仙台東署の東仙台交番で、清野裕彰巡査長(33)が交番を訪れた若い男に刺され、清野巡査長は約1時間後に死亡が確認された。別の男性巡査部長が男に3発発砲し、男も死亡した。



県警によると、男は「落とし物を拾った」と交番を訪れた。当時交番には清野巡査長と巡査部長の2人がおり、当初は2人で対応。

巡査部長が奥の部屋に下がったところ、怒鳴り声や争う声が聞こえたため戻ると、男が立ち上がり、刃物を持って向かってきた。巡査部長は警告したが、男が止まらなかったため、3発発砲したという。




男はサブマシンガンのようなものも持っていたが、モデルガンか本物かはわからないという。清野巡査長の拳銃は奪われていなかったという。

近くでケーキ店を経営する男性(71)は「寝つけずにうとうとしていると、3発、パン、パン、パンと大きな音がした。交番があるから安全なところだと思っていた。こんな事件が起こるなんて」と驚いていた。

近所の無職男性(80)は午前5時前、多くのパトカーが集まっているのに気づいた。「警官に『今あぶないから、家から出ないで鍵をかけて』と言われ、何も教えてくれなかった。2人亡くなったと聞いて驚いている」と話した。60代女性は「交番が近くで安全だと思っていたのに、こんなことがあるなんて怖い」と語った・・

(source: 朝日新聞デジタル - 交番で警官刺殺、容疑者は別の警官に撃たれ死亡





・日本の警察は拳銃使用の少なさを誇っているけど、使うところはちゃんと使うべき。

犯人射殺は日本でなかなか聞かないけど、発砲した警官はよくやったと思う。
犯人とは言え、人を殺した警官の心のケアをしっかりとしてあげて欲しい。

・亡くなられた警察官のご冥福をお祈りします。犯人射殺は当然だが、犯人を許すわけにはいかない。

・めっちゃ近所に住んでます。
もし犯人が、この交番で本当に落し物だけを届けて、何事もなく済んだとしても、こーゆー人は いつか何らかの事件を起こしていたと思うので、敢えて言葉を選ばずに言わせてもらうと、射殺されてよかったです。
子育て中なので、自分や家族と関わる可能性のある人(道で すれ違うだけでも)の中に、こんな危険を秘めた要注意人物がいたと思うと、ものすごく怖いです。
殉職された警官の御冥福をお祈りいたします。

・警察官が亡くなってしまったのは本当に残念だけど、よくもう1人の警察官が瞬時に対応してくれた。
犯人死んだのは結果論として、拳銃をちゃんと使って犯人の動きを止めたことで周辺の安全を守ったと思う。

・亡くなられた方、まだ30代と若いのに気の毒だ。
射殺は正解。
ただもし2人で対応していたら違う結果になってたかもと思うと残念だ。

・以前 警官が刃物を持った犯人を取り押さえる場面をTV局がスクープしていたが 男性警官が刃物を持った腕を抑え格闘 女性警官がその周りをウロウロ 見かねた市民が加勢して犯人を制圧する 色々問題があるが刃物を持った犯人に素手で対応はそもそも間違えで格闘の前に迷わず拳銃を使用するべきだろう。

・途中で巡査部長が離れたってことは、危険な雰囲気を出してなかったってことか?ただ午前4時に交番に来るような奴は、けっこう警戒しないと危ないと思う。


・警察官が男に刺され死亡 別の警察官発砲し男は死亡