sa4モスクワのアパートに住むイリーナさんとパートナーは、3週間ほど旅に出ており、帰宅すると妙な音を耳にした・・



聞きなれないその音を、最初は電子機器が故障した警告音と勘違いしたカップルだったが、キッチンへ行くとその正体が判明した。

イリーナさんたちは出かける前にスーパーマーケットで卵を買い窓枠へ置いていたのだが、留守中にその数個が孵化していたのである。中にはまさに孵化が始まっていた卵もあった。


・留守中に卵が孵化
we5


ピヨピヨと可愛い声をあげながらキッチンを歩くヒヨコに驚いたカップルは、急いでペットショップへ出向きヒヨコを温める専用のランプを購入した。更に箱に干し草を入れて鳥かごを作り、餌を与えた。

ヒヨコはイリーナさんの掌から餌をついばみ、すっかりなついたようだ。カップルはこのサプライズを近隣住民や友人らに知らせ、その日の夜は、ヒヨコが死にはしないかと気になって一睡もできなかったという。

現在、孵化した数羽のヒヨコは元気にしており、カップルはこのヒヨコをどうするかはまだ決めていないということだが、衛生監視局には報告するつもりはないと話している・・

(source: Techinsight - 旅行中、自宅に放置していた卵からヒナが誕生(露)


・イリーナさん
asd5


・孵化する前に割らなくて良かったね…

・冷蔵庫にいれわすれるとは

・冷蔵庫に入れていなくてよかった!

・可愛いのはひよこのうち。
大きくなって明け方に鳴き始めると、きっと…

・ロシアの卵は有精卵なのね。
Σ(゚ω゚ノ)ノ

そのまま茹でたらホビロンが食えたかも?

・優しい!けど卵は冷蔵じゃない?

・茹でられなくて
良かった。

・孵化してすぐのタイミングでの帰宅で良かったですね。
もし外出3週間のうちの早い時期で孵化してたら、帰る頃にはヒヨコちゃんたち餓死してたかも…

・鶏卵と違って、うずらは有精卵だから気をつけないと( ;∀;)
あと、冷蔵庫に入れ忘れてたのね。との声もありますが、卵は今年のような異常な暑さじゃない限り常温保存できますよ。

・海外では生で食べる国が少ないから、スーパーでも冷蔵されてないよね。
だから生卵食べる日本人が信じられないみたい。

・購入した卵を三週間も冷蔵庫に入れてなかったことの方がびっくりだ。。


・調理中に卵を割るとひよこが生まれる