ds5たとえば私の知人にマカオ在住の日本人男性がいる。その妻は中国人だが、彼女が中国人の友人たちを連れて日本に遊びに来た・・



彼らは、日本の道路やトイレのきれいなこと、駅員をはじめとして公的な機関やそれに準ずるようなところに勤める人たちの親切なこと、さまざまな場所で出される食べ物が実にていねいに作られていることに驚きつづけていたという。

とりわけ日本の果物の輝くような美しさとおいしさには驚きを通り越してあぜんとしていたという。ひとりの女性などは、桃の甘さに「これは砂糖水を注射器で注入したにちがいない」と言ってきかなかったくらいだという。

こうしたことを聞いたり見たりすることで、私たちにとって大事なことが何か逆にわかってきたりする。彼らが感動するのは、どうやら私たちが「高度経済成長」によって直接手に入れたものではないらしい。

そういえば、すでに、中国や香港だけでなく、台湾にもタイにもマレーシアにもシンガポールにも高層建築群は存在しており、高速鉄道がある国も珍しくなくなっている。彼らはそういうものではなく、日本人にとってはなんでもないこと、つまり、清潔なこと、親切なこと、おいしいことといったようなものに心を奪われているらしいのだ。


・Tokyo's Most Expensive Fruit



日本の政治家たちは、依然として沸騰するアジアの中心にいたいと願っているらしい。それはそれで悪いことではない。しかし、アジアで最初に高度経済成長を遂げ、いまはその終焉の中にいる日本にとって、目指すものはあくまでもアジアの経済発展の中心になろうとすることではないような気がする。

かつて、日本が高度経済成長に向かおうとしていた1959年の正月の新聞に、池田勇人が「所得倍増」を打ち出す契機となった学者の論文が掲載されたことがある。だが、その数日違いの号には三島由紀夫のエッセイが載っていた。彼は、日本への祈りを込めたその原稿の末尾に、「世界の静かな中心であれ」という一文をしたためた。

もし三島由紀夫のそのメッセージを使わせてもらえるなら、経済成長を目指してひたすら驀進(ばくしん)しているかのように見えるアジア諸国にとって、日本は「アジアの静かな中心」となるべき存在のように思える。

そのために日本はどうしたらいいのか。答えはさほど簡単ではないのかもしれない。だが、アジアからやって来る「鏡としての旅人」に正面から向き合うことで、何かが見えてくるかもしれないとも思う。

・詳細は(source: 東洋経済オンライン - 中国人が日本の「果物」に心底唖然とした理由


・日本の果物



・どんなに信用の出来る人でも、それが中国や韓国の人であったら、決して秘密を教えてはいけない。開発した果物や野菜の種苗を渡してはいけない。いつのまにか中心をもっていかれる。

・各農園の方々は盗難に注意して下さい。

・25年前 深夜特急を片手に香港スタートで旅にでた。結局 2年放浪したが その後の人生を大きく変えたと思う。今 その頃いった街に行くと中国やインドネシア、タイなどのバッグパッカーが沢山いて日本人の旅行者は全くみなくなった。
25年の月日を感じながらあの時知り合った人々の事をたまに思い出す。

・中国人からみれば果物を自分のものにしたいと思うだけ。親切心は何か企んでいるのではないかと考え、そうではないと判断すれば利用できると考える。

・>日本人にとってはなんでもないこと、つまり、清潔なこと、親切なこと、おいしいことといったようなもの

農家の皆さんが品種改良や土壌の改良。素早く丁寧な輸送をしてくれる運送業の存在。
他人に優しくすれば、自分にもいつか還ってくると思える(たまに還ってくる成功体験含め)世の中。
店の前の道路が汚いのは店の恥とばかりに掃除する店員さん。

日本には、誰かの汗で成り立っている事柄以外の素敵な何かなんて存在しないし、必ずしも高度経済成長がそれらを置き去りにしたとは思わない。

木箱からダンボールに。チッキから宅配に。
高度経済成長が無かったら、登場したにしてももっと遅くなったと思うし。

・今の日本は、世界に対して俺たちを見てくれ!って感じが強すぎるように思う。日本は、日本のために何かをすれば、勝手に良い評価してくれるよ。日本は内側に内側に何かすべき。


・ひろゆき「日本のフルーツはだいたい世界中のものよりうまいです」