daswr5米アリゾナ州タスコンに拠点を置くプロのハンティンググループ「サファリクラブ・インターナショナル(Safari Club International、以下SCI)」メンバーの1人であるブリタニー・Lさんという女性トロフィーハンターが、ネット上で非難の嵐を巻き起こしている・・



南アフリカで雄のヒョウをハンティング後、満面の笑みでその亡骸を抱え上げた写真がSCIのFacebookやウェブサイトに投稿されたからだ。

9月7日に投稿されたSCIサイトによると、メンバー内での大型の獲物としてこのヒョウは9頭目にあたる“記録的狩猟”のようで、ブリタニーさんの功績を称えるかのような記述がなされている。

しかし同様に投稿されたSCIのFacebookアカウントを見た南アフリカのアーティスト、スー・ディッキンソンさんは、ブリタニーさんを「愚か者」と痛烈批判。




セレブのナオミ・キャンベルはTwitterでブリタニーさんを名指しで批判し、オランダ人スーパーモデルのドウツェン・クロースは「こんな美しい動物を殺して、どうやってプライドや喜びを感じるわけ!? この女は自分の行為を恥じるべきよ! 最低で、気分がとても悪いし悲しみや怒りを感じるわ」とツイートした。

さらに、パリス・ヒルトンの叔母でリアリティー番組『The Real Housewives of Beverly Hills』に出演している女優カイル・リチャーズもTwitterで「声を大にして反対しなければ、こうしたハンティング行為はなくならない」と綴り、米女優でモデルのキャリー・オーティスは「トロフィーハンティングを犯罪にすべき」と訴えている。

投稿から間もなくして9月14日までには大炎上となり、反象牙密猟グループ「Knot On My Planet(ノット・オン・マイプラネット)」の共同創設者デイヴィッド・ボンナウヴリエさんも自身のInstagramでシェアし、ハンティング行為を非難した・・

(source: Techinsight - ヒョウを仕留めた米女性ハンターの笑顔に、セレブや動物愛護活動家から非難の嵐


・多くのメディアで報道される


・単なる趣味で凶器をつかっての生き物殺しは理解できない。

・お前も同じ事をしてやりたい。

・とか言って、セレブ含め批判してる人の中に毛皮の衣類品を着てたらシャレにならんけどね。

・この女の自己満足の為に犠牲になる動物たちが可哀想。
いつか天罰が下るはず。

・おまえ、ヒョウに食べられてしまえ!

・捕鯨なんかより、スポーツハントの方が遥かに「やってはいけない事」と言う気がするんだがな。
要は「遊びで殺してる」訳だからね。

・このヒョウにも家族が居るはず、どうして罪もない動物を殺して笑顔になれるのか考えられない

・このヒョウは何か悪いことをしたの?違うでしょ?ただ生きていただけなのに。酷すぎる。
何で笑顔になんかなれるの?頭おかしい。

・生き物を殺すのが快感の野蛮人。
こんな人たちが普通に暮らしてるなんてあり得ないわ。

・自慢できることじゃない
命は平等。情けないよ自分の子供を連れていきたいとはね。
犯罪者と紙一重だよ!
あなたに奪われた命の重みを感じて欲しい

・で、この豹の亡骸はどうするのかね放置?剥製コース?
大金払って生き物ブチ殺して興奮し自慢するような人間はイカれてるわ

・白人ってホント勝手だね。植民地支配したり、ユニセフだーってボランティアしたり、毛皮反対!って言いながら、ハンティングが趣味とか。


・10 Most Evil Animal Hunters