daserer4暴力団を社会から排除せよ――。疑問を差し挟む余地が全くない「正義」に見えるが、実はそこには多くの矛盾が潜んでいる。暴排条例や条項がヤクザや元ヤクザの生活権すら奪ってしまう実態。そして、この大きな潮流の先には「治安悪化」という暗い未来が待っていて…



一瞬にして都市機能を壊滅させた北海道大地震。銀行のATMなどを使用できなくなって困っている人が続出している、との報道に触れた暴力団関係者は、こう吐露した。

「ワシらみたいなもんと被災者を比較するのは申し訳ないけど、ATMやクレジットカードが使えへん生活は、ワシらにとっては単なる日常なんですわ……」

『続・暴力団』(新潮新書)などの著書があるノンフィクション作家の溝口敦氏は、

「銀行口座、クレジットカード、携帯電話などを持てなければ、もはや社会的生活を送ることは出来ないですよ。これまでは、“ヤクザに人権はあるのか、ないのか”という議論が行われてきました。今は、ハッキリと“ヤクザに人権はない”と言える時代に突入してしまったのです」

そう語るが、9月4日の読売新聞朝刊に掲載された記事を見る限り、その流れはますます加速していると言わざるを得ない。


・大阪府警から暴力団新法施行時に頒布されたビデオ



〈暴力団口座 59行が解約 1300件 排除条項遡り適用〉 〈暴力団資金 締め出し 銀行口座 合意なくても解約〉

そんな見出しを掲げた読売の記事が伝えているのは、多くの銀行が、暴力団関係者の新規口座の開設に応じないだけではなく、既存の口座の解約を進めている実態だ。その流れが加速した背景には、ある判決が確定したことが関係している。
それは、指定暴力団道仁会の会長ら幹部2人が大手銀行に解約の無効確認を求めた裁判。昨年7月、暴力団排除条項に基づく口座解約を有効とした福岡高裁判決が最高裁で確定したことが追い風となり、解約が加速しているというのだ。

実際、先の暴力団関係者はこう明かす。

「最近、窓口などでヤクザだとバレると、新規口座が作れないだけではなく、既存の口座も解約させられるケースが相次いでいると聞きました。ある組長は、上納金の回収に銀行振り込みが使えないので、現金書留で送金させている、と嘆いていましたよ」

対象となるのはヤクザ本人の口座だけではなく、

「組員の妻や子供の口座まで解約される事態が増えています。銀行は、“夫(あるいは父)の暴力団としての活動に使われた形跡がある”という理由で解約しているのでしょう」と、山口組の元顧問弁護士で作家の山之内幸夫氏・・

・詳細は(source: デイリー新潮 - 銀行口座を強制解約 「ヤクザに人権なし」が招く“犯罪のアングラ化”の未来


・福岡県警 vs 暴力団



・普通に考えて…暴力団である本人だけでなく、(奥様までは理解して)子供までも銀行口座を持てないというのは行き過ぎだと思う。単純に銀行引き落としで公共料金も払えない。子供にまで罪はないのでは?だからこそ、ある意味、
半グレたちが育つような気もするのですが…素人だと取り締まりが出来ない事を理解した上でのズル賢い半グレの方が逆に暴力団である方より、タチが悪いような気がします。
そこまで考えての、暴力団には、人権を与えない今の法なのかと、ついつい疑問に感じてしまいます。

・ヤクザが公にあることによって半グレの様な集まりが抑制されていたのは紛れもない事実。確かに半グレを利用していたヤクザも多くいるだろうが、悪さをするにもヤクザの存在があることによってある程度のブレーキもかかっていたと思う。
とても矛盾な話だとは思うが、良くも悪くもヤクザの存在が毒を以て毒を制す的な要素があったのは否めない。最近の街に蔓延る暴力団に所属していない不良っぽい男が話をしているのを聞いた。『俺達はヤクザじゃないから抜け道は沢山あるし、もしモノホンのヤクザに殴られたり脅かされたら警察行けばあいつらパクってくれるから行動しやすいよ』だって。元ヤクザも言ってた。宅建合格したけど登録出来ない。なので意味ないから最近は結局アングラなしごとしてると。何かはわからんが、これが現実なんだと思う。

・テロ撲滅のため米国主導の国際的な取り組みです。
各国で情報が共有さ、海外に出国または入国もできなくなります

安全保証上、危険な団体と認定されれば893以外の組織も対象になります

国際的な取り組みなので、これを守らないと銀行は海外取引ができなくり日本人そのものも海外旅行できなくなります。

・難しい問題ですね。
ヤクザ辞めたとはいえ、今までやってきた事を考えれば自業自得とも言えるが、結局犯罪に走るのであれば被害者は減らない。
「私はヤクザ辞めたのに、こんなに酷い扱いをされてる可哀想な人なんです」という態度されても、いやいや今まで散々世間に迷惑かけてきたでしょ、その報いだよという言い分も分かる。
しかし、再び犯罪に手を染めない環境にしなければまた世間に迷惑となる。まだまだ改善が必要ですね。
半グレについては、暴対法みたいに半グレ対策法みたいなの作れないだろうか?
この部分の対策を強化したら、こうすり抜けてくるという事を予測して、先手を打てる対策を練って欲しい。法律が現状に追い付いていない。

・それは仕方の無いこと。
現役の時に、どれだけ人に迷惑をかけたかを考えるべき。
5年である程度の、社会的インフラを使えるようになるのだから、まだ良いと思う。

・記事の内容も問題だが、一流の週刊誌がヤクザを擁護する記事を掲載することの方がもっと大きな問題です。本来なら新潮社も社会から淘汰されるべきでしょうね。

・確かに、半グレという人たちがでてくるのもよくないですね。
半グレも規制すればいいと思います。


・今では考えられない! 記者がヤクザにため口 暴力団への直撃取材 大阪戦争