22大相撲秋場所が初日を迎えた9月9日の朝8時過ぎ、大柄の男性が東京都江東区内の商店街に現れた。気温はすでに30℃近いというのに、長袖長ズボンという厚着。コンビニでホットコーヒーを購入すると、店先に置いてある灰皿の前に立ちタバコをすぱすぱと吸い始めた――



8月に秋田県で行われた夏巡業中に倒れた、貴乃花親方(46)である。

「若い力士の指導で股割りをしている時に、突然倒れたんです。目は開いていましたが失神して意識はなく、すぐに病院に搬送されました。診断の結果は熱中症。二日酔いも影響していたようです。

巡業中は毎晩のように深夜まで酒を飲み、倒れた前日も弟子の貴景勝からもらった誕生日プレゼントのシャンパンで、相当酔っていたようですから。親方は弟子の貴公俊(たかよしとし)の暴行事件や、自身が理事から平年寄へ降格したことで相当ストレスをためているのでしょう。

最近はふさぎ込みがちで、景子夫人ともあまり口をきいていないとか。本来は生活習慣を改めないといけないのでしょうが、酒もタバコも止められないようです」(相撲協会関係者)


・貴乃花親方 稽古中に倒れ搬送




本誌が見かけた、厚着の貴乃花親方が歩いた距離は約6km。商店街のお年寄りが話しかけようとしても挨拶をしない。途中気分でも悪くなったのか、部屋近くの薬局に入る場面もあった。「健康増進クリニック」院長の水上治氏が語る。

「大の男が倒れたということは、何かしら重大な原因があるからです。
私は倒れた患者さんに、『重要なシグナルだから生活習慣を見直してください』と忠告しています。とくに精神的に落ち込んでいる時に酒を飲みタバコを吸えば、ストレスホルモンなどの作用でガンや動脈硬化などのリスクが高まる。

酒やタバコを止めるには家族や親友など周囲の人の協力が必要ですが、親方には心から心配してくれる人がいないのでしょう。
ただでさえ元力士の方は、60歳前後で亡くなる短命の人が多い。今のような生活を続けていては、命にかかわる事態になってもおかしくありません」・・

(source: FRIDAY - 熱中症だったのに厚着でタバコをすぱすぱ 貴乃花親方の生活習慣がヤバイ


・タバコを吸う貴乃花親方


・貴乃花親方は人付き合いも少なそうだし、ストレスの吐け口がお酒やタバコになってるのかも。
体には充分気をつけてほしいです。

・いろいろな見解が
あるでしょうが、
喫煙マナーさえ守っていれば
何も問題ないのでは?

・本人が正しいかどうかは別として、職場への不平不満を持つ年相応の状況やな、サラリーマンなら。
ある意味、人間味を磨ける時期かも。でも親方に限らず年相応の体調管理は必要。

・小学生中学生の子供ならともかく、もう50歳手前のオッサンなんだから、どんな服装でどこでコーヒー飲んでタバコ吸ってようが自由だと思うけどな。
歩きタバコしてる訳でもないだろうし。
体を悪くしようが離婚しようが死のうが、他人がとやかく言う事でもない。

・勝手に写真撮ってアップして、、、
商店街での風景も、記者の勝手な先入観かもしれないのに。
親方も気の毒。

・偏見を持たれやすい人だから、生活しにくいだろうな

・周りがいくら言ったところで言うこと行かないだろうし、本人の問題だからねー。しかし…何気無い普段の生活やなんかも隠し撮りされて、隠し撮りや生活スタイルから医師のアドバイスまで…果てには夫婦仲まで心配されて大きなお世話と言いたいだろうね。

・貴ノ花親方の大ファンですが煙草は止めた方が良いと思います。
私も5年前まで吸っていましたが、お医者さんからこのままだと酸素ボンベを背負って歩く様になりますよと言われ止めました。
しかしフライデーは報道の自由を盾に他人のプライバシーまで平気で踏み込んで記事を書くのは如何なものでしょうか。
早急にマスコミのやりたい放題に何らかの法的規制が必要と思います。


・最近の貴ノ花親方