ddf56自衛官の定年年齢は、階級によって異なります。幕僚長は62歳、将官・将補クラスは60歳です。しかし、隊員不足がもっとも顕著なのは、現場の曹士クラスです。曹クラスの定年は53歳です・・



公的年金の受給開始年齢は原則65歳ですから、曹クラスの自衛官は定年後10年以上にわたり年金の受給もできず、生活に苦労することになります。

昭和30年代に年金の改革があり、恩給制度がなくなりました。かつて、ある一定年数働いた旧日本軍の軍人の功労に対し、国は恩給を出していました。さらに、夫が戦争などで戦った後に残された60歳以上の妻にも、普通扶助料という年金が出ていました。

戦争などで怪我を負った場合も、公務傷病恩給が出ました。旧日本軍の軍人になりたいと思う人が多かった理由として、国が具体的に軍人の功労に応えていたことが大きいと思います。ここが、自衛官に対しての処遇と全く違うところです。


・自衛官の人生



そもそも、年金と恩給では全く意味合いが違います。年金は、自衛官自身が掛け金を払って老後に備える制度です。現在の日本は、命を懸けて国を守るという崇高な職務に対する敬意を払い、その恩に報いるという考え方で構築された制度はありません。

軍人は国のために命をかけ国民を守る職業です。現代の日本人がそのことに対する敬愛や恩に報いるという気持ちを持たない原因の一つはこの制度改悪にあったと思います。さらに残念ながら自衛官の退職金は減額され続け、これも自衛官が辞める理由の一つです。

米軍の場合は、軍人がある一定期間働けば、一生涯恩給を払ってくれます。その恩給が下支えにあるから、退職後に他の仕事をしても全体収入は多くなるという仕組みです。まさに「国家のために働いてくれた恩に報いている」感じですね。

国家公務員も2019年から段階的に定年年齢が65歳と延長されるようです。自衛官以外の国家公務員は、年金受給年齢まで生活に困ることなく働き続けることができるのです。53歳で定年を迎えるのは自衛官だけでその定年延長はわずか数年です。

公務員の中で自衛官だけが年金受給まで10年ほどの生活に不安を抱えることになります。しかも、退官年齢を越えた自衛官は、若い自衛官と違い、体力的に難しい仕事が多いはずです。現場で活躍する曹士クラスを増やすために定年延長をするとしても、完全に方法を見誤っています・・

・詳細は(source: 週刊SPA! - 自衛隊の定年は53歳! 年金受給の65歳までどう暮らしているのか?


・自衛隊の退職と再就職



・これが自衛官の現実です。この現状を知らない国民は多いです。以外に自衛官は給料が高いと思われますが、国防の対価としては低すぎます。民間の方が給料がいいので、こんな待遇では入隊する人はもっと減るでしょうね。
若年退職者給付金も給料の補填なのに、退職金と勘違いしてローンの返済に充て、数年後には生活苦になるアホな自衛官も少なくありません。
日本の未来のために、国全体の問題として考えてもらいたいですね。

・自衛隊だけ定年が早いのは不憫だね。
定年後は自衛隊が運営する警備派遣サービスの部署があってもいいと思うけどね。
国会議員の若い人達に椅子を譲らない老害こそ定年を早めるべき。

・文字どおり特別公務員だよね。
自衛隊員を欲しがる企業は多いし、ルートも確立されているんだろうけど、セカンドキャリアは、大学教授や企業顧問から、警備会社や建設会社の社員まで、階級での差がものすごい大きい。
もちろん、定年や早期退職によるキャリアシフトは織り込み済みだと思うけど......

・議員にこそ、定年制を設けたほうが良い。長くいれば、いるほど、権力が一人に集中してしまう。しっかり若い人に引き継ぐべきである。

・自衛隊にはもっと補償をしてあげて欲しい。
命をかけて国を守ってくれてる。自衛隊がいるおかげで日本が守られているのも事実だし、災害時における自衛隊の存在は災害の多い日本にとって半端なく大きいっていうのは国民皆が分かってるはず。
防衛のための予算が増えているのに根本である自衛隊員にその予算が回らなければ、ダメだと思うんだけど

・父が自衛官でした。
やはり50歳くらいから勉強をしたり資格を取ったりして、定年退官後は65歳まで民間企業に勤めました。
自衛隊も本人の意志があれば色々バックアップしてくれるようで、再就職支援体制に驚いた事を覚えています。
父の元同僚や友人もそういう人達ばかり。中には退官をきっかけに家業や農業を継いだ方もいます。
やはり定年が早いのは最初から分かっているので、家族も現役時代から貯金をしたり計画的に備えていますし、再就職先では自衛官時代よりは給与が下がりますが退官→即困窮にはならないと思うのです。
結局、その後の人生は、個人の計画性や能力や性格の問題というのはどこでも同じだと思います。


・退職自衛官の活躍