dasr5中国人観光客が偽造の国際運転免許証でレンタカーを運転し、交通事故を起こすケースが相次ぎ、警察庁が中国政府に対し、国際免許制度を国民に周知するよう申し入れていたことがわかった・・



警察庁によると、偽造の国際免許証は昨年頃から、目立ち始めた。レンタカーで物損事故や交通違反を起こした中国人観光客らが、警察官に国際免許証を提示。発給元はいずれもフィリピン自動車協会と記されており、警察庁が同協会に確認した結果、偽造と判明した。

同庁が調査したところ、インターネットの中国語サイトでは、フィリピンの偽造国際免許が売買されていることも確認された。


・中国人 フィリピンの国際免許証



道路交通法は、日本の免許を持っていない外国人が車を運転するには、自動車運転の国際的な統一ルールを定めた「道路交通に関する条約(ジュネーブ条約)」に基づいた国際免許証か、ドイツやフランス、スイスなど日本と同水準の免許制度がある国の免許証が必要と規定している。

中国はジュネーブ条約に加盟しておらず、同水準の免許制度もない。中国人が日本で車を運転する場合、日本で中国の運転免許の切り替え試験を受けるか、条約に加盟した国で国際免許の交付を受けなければならない。フィリピンは同条約に加盟しているため、偽造の標的になったとみられる・・

(source: 読売新聞 - ニセ国際免許の訪日中国人、レンタカー事故多発


・レンタカーの問題



・レンタカーを貸す側のチェック徹底も。

・そもそも中国では自動車保険、いわゆる自賠責なんかがきちんとしてないということで当事者同士で揉め事になることが多いらしい。
被害者が加害者扱いされることも多いらしい。

まずは保険をきちんと制度を整えないといけない。

中国では、ドライブレコーダーがどんどん売れているらしい。
証拠として自分を守るために必要なのだろう。

・レンタカーだから保険はしっかり入ってるだろうが、長期滞在で自分で買った車に高い保険払ってるかどうか、疑問。

・免許を買えることに疑問を感じない中国人のレベルを証明する事案。

・これからは、中国人だけじゃなくこういう案件が増えるでしょう。
政府は外国人観光客を増やして景気が良くなると単純な考えで思っているけど、その分日本人が我慢したりするのは本末転倒です。
各地の観光地が変な感じになってる気がします。
何かあっても外国人は帰国すれば終わりですが、私達は終わりません。ここ数年そう思います。

・旅行会社、レンタカー会社にも責任はある、保険も無免許では降りるかどうか、加害者は帰国しました、被害者は泣き寝入りにならないように、旅行会社、レンタカー会社にも責任を取らせる法整備が必要、外国人犯罪では帰国しましたで警察も済ませる体質も改善必要


・外国人に人気の「おもしろレンタカー」とは?