dr5熊本市の祭りを撮影した動画に「馬が虐待されているシーンが映っている」として、ネット上で物議を醸している。秋の風物詩として親しまれてきた、藤崎八旛宮の例大祭での出来事。撮影されたのは9月16日の日中とみられる・・



動画には、はっぴを着た人が大声を上げながら、馬にムチを振るう姿が収められている。縄で繋がれ、人間たちに取り囲まれている馬。嫌がるようなそぶりを見せたあと、後ろ足を蹴り上げると、「ヒョー」「カッコ良かった」など周囲の人たちから大きな歓声があがった。

藤崎八旛宮の広報担当者はハフポストの取材に対し、「動画の存在は把握しており、詳細を調査中です」と答えた。




なお、めざましテレビによると「奉納会」の会長が、虐待を指摘された団体は事実関係を認めていると明かしている。この団体は「皆さんに迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪し、来年の出場を辞退する方針を示しているという。

動物保護NPOの「アニマルライツセンター」は、2015年から藤崎八旛宮に対し、馬への虐待防止を呼びかけてきた。祭りを盛り上げるために、馬に「後ろ蹴り」をさせようとしていることが、ムチを使った虐待の原因だと岡田千尋代表は話す・・

(source: ハフポスト日本版 - 藤崎八旛宮の例大祭で馬虐待か。ムチ打ちして“後ろ蹴り”させる動画が拡散


・馬の虐待



・熊本市民です。
伝統があるからと、楽観しているのか、
「このまま虐待がなくならないなら、飾り馬そのものの是非が問われることになると思います」
という発言自体、改善の気持ちはないのかなと思います。代表の口ぶりも他人事のような話し方でしたし。
この祭りに参加する人は、どうやって馬を暴れさせようか、どうやって刺激を与えようか、そんなことばかりを考えている人が多いです。
馬が暴れると、祭りが盛り上がり、観客が喜ぶからです。
「昔に比べると祭りの品がよくなった」というある観客の言葉がニュースや新聞で取り上げられていましたが、本質は変わってないと思います。
馬が暴れないと盛り上がらない祭りなら、やめた方が良いと思います。
時代遅れ、勘違いも甚だしいと思います。

・見ていて気分が悪くなった。歴史的な動物虐待で藤崎八旛宮の例大祭を今後廃止すべき。1団体の話でない。この団体にも制裁が必要。みんなで声をあげないと悪い歴史は変わらない。

・これは虐待です!どうみてもわざと刺激して興奮させて面白がっているとしか見えません!
言葉が話せない動物の気持ちになってください!
虐待する側だけでなく見て面白がる観客も意識が低いです。
昔は大事に練り歩いていたんでしょう?
それでれいいではないですか?

・馬がかわいそうで酷い映像だった
現代の日本で撮られたとは思えない
この祭、悪い意味で全国的に有名になった
来年は中止か
海外でも拡散して日本人の品格が疑われなければいいが…

・来年の出場を辞退?
永久追放でしょ

・故郷が熊本人です。
何十年も昔のボシタ祭りは、のんびりしたお祭りでした。私の町にも、暴れ馬(今の飾り馬、昔はそう呼んでいた)が跳ねてきた。しかし、今みたいに残酷な叩きかたはしていなかった。
数年ぶりに観たが、あまりの酷さに、熊本人としての誇りがなくなってきた。
昔の人の馬を大切にして、共存した祭りを思い出して欲しい。
虐待する様な祭りなら、今すぐ辞めて欲しい。


・熊本 飾り馬の虐待