gt54309年の「余剰電力買取制度」施行から10年が経過し、太陽光発電の電力を売電していた世帯の契約が19年11月から満了を迎える。 これが、太陽光発電の「2019年問題」だ・・



19年末までに53万件(200万キロワット)、23年末に累積165万件(670万キロワット)の住宅用太陽光発電が期限を迎えることになる。

余剰電力買取制度は、12年に「固定価格買い取り制度(FIT)」が施行された時点で一本化。政府が、太陽光など再生可能エネルギーを普及させる大方針を掲げ、余剰電力買取制度では進まなかった普及を後押ししようとした。

果たして、FITは太陽光発電を爆発的に普及させるのに一役買った。FITスタートから約6年間の太陽光発電の導入量は、住宅用で519万キロワットに上る。産業用も含めれば、東日本大震災前からの太陽光発電の電源構成(総発電電力量に占める割合)をほぼ0%から約5%に押し上げた。太陽光バブルともいえる状況だった。


・太陽光発電のしくみ



政府は今夏に閣議決定した第5次エネルギー基本計画で、30年度には再エネを主力電源に成長させるとぶち上げた。現状の電源構成で再エネは15%、これを30年度には22~24%まで引き上げる。そのドライバーは、太陽光発電だ。

しかし、再エネを急拡大させるためのFITへの血税投入は増え続けている。特に太陽光発電の急激な増加で、18年度の買い取り総額3.1兆円のうち国民負担は2.4兆円にも及ぶ見込みだ。

太陽光パネルの原価が下がったのに伴い、政府はFITの買い取り価格を引き下げた。当然のことながら、高い買い取り価格が保証されなければ普及は進まない。1年ごとの住宅用太陽光発電の導入量は落ち込み、太陽光バブルは終焉を迎えた。

そのタイミングで迫っているのが、「2019年問題」なのだ・・

・詳細は(source: ダイヤモンド・オンライン - 住宅用太陽光発電の誤算、「10年で投資回収」は大ウソだった


・太陽光発電 売電したら実際こうだった



・あくまでも災害時にも電気が使えるくらいの感覚で設置しないと。うちは田舎暮らしだから蓄電池設備も入れてる。都市部と違いガス、電気が使えなくなると復旧に時間がかかるので。
太陽パネルは儲けようとか思って設置するものではないよ。

・知ってた。だから両親にはしつこく太陽光は勧められても絶対やるなと言っている。正解だったな。
仕事柄太陽光でローン組む人を見るけど軽いリフォーム並みのローンを住宅ローンと共に組んでおり、田舎に必須の車が高金利のローンでしか借りられなくて、まさに悪循環なローン地獄をよく見る。
災害時、どこまで力を発揮するかわからんが、災害となればそもそも壊れる可能性、二重ローンとなる可能性も考えれば、やはりあまりオススメできない

・やっぱりそうだよね。そんな気がしたんだよ。どう考えても話が出来すぎてるしね。家を建てるときに良い担当の人だったのかもしれないけど無理矢理太陽光を進めてこなかったしね。戸別に太陽光の営業をしてる時点で怪しいよね。

・結局みなさん、太陽光発電=環境に良いとの考えが無くならないからでしょう。
ソーラーパネル製造から最終の廃棄までにかかる環境破壊を考えると無意味でしかない。

かつ、買取に備えてソーラーパネルを設置していない家庭までが、その買取に備えた料金を通常の電気代に上乗せして電気代を納めている。

最悪のシステムだと思う。

・とある県の観光地。景色が綺麗と行ってみて、丘の上から海を見ると綺麗だけど、裏を見ると、山を切り開いて太陽光発電。しかも反射熱が暑い事この上ないし、海から船で丘を見たら所々太陽光パネルがあって、景色の綺麗さが台無しに。
昔の写真をみて、現在を確認してなかった自分も悪いけど、観光地の山の中に太陽光発電。
景観も配慮も無さ過ぎて、物凄くガッカリした。
札幌市の時計台を見た時と同じ位にガッカリ。
太陽光発電、設置するのは構わないけど、景観とかに配慮して欲しいですね。

・実際自宅に太陽光を付けているけど、4kwくらい設置すれば年に売電だけで、年間で15〜20万超える範囲で売電して、更自家消費している分もあるから実際にはもっと発電はしてますよ。売電価格が下がっても、洗濯を朝にして昼に除湿機や乾燥機で乾かすとか、食洗機を昼に動かすなどうまく電気を使って行けば十分なメリットはあると思いますよ。買取制度が終了してから太陽光を設置する方は、大容量のパネルを乗せるのは意味がないので、1.5kw程度乗せておけば十分自家消費分をまかなえると思います。
実際の発電量を画像でのせて参考にしていただきたいのですが、画像ののせ方がわからない、、、。


・太陽光発電のデメリットがわかるセミナー