ft5jk陽の表面温度が約6000度もの高温であることは現代物理学の常識とされる。しかし、当然ながら過去に太陽まで出向いて表面温度を直接計測した人間などいるはずもなく、これはあくまでも計算のうえで導き出される値ということになる・・



太陽の温度は26度以下だった!?


そして、この誰も疑うことのない常識に真っ向から対峙し、驚くべき結論を導き出した研究者がいる。電気工学博士であり東京工業大学をはじめとする数々の有名大学で教壇に立った関英男(1905~2001)その人である。

関博士は、なんと「太陽の表面温度は26度程度の常温で、黒点には植物さえ生えている」という太陽常温説を提唱したのだ!


・ザ・ユニバース 宇宙の歴史 太陽の運命



驚天動地の主張を展開した関博士は“異説の学者”としても知られ、1970年代から科学では解明できないオカルト・神秘世界に傾倒し、太陽常温説のほかにも、「陽子が歪むと癌になり、中性子が歪むとエイズになる」などの革命的新説を数多く発表した権威である。


・関英男氏の著書


関氏によると、太陽は熱を発しておらず、T線という放射線を発しているのみ。このT線が地球の大気に触れて初めて光線と熱に変換されるのだという。そして、これこそが地球で大気の薄い場所ほど暗く低温になる理由とのこと。

また、太陽が炎の塊のように見えるのは、太陽の周囲にある大気をT線が通過することでそう見えているに過ぎない。つまり、もしも太陽の周囲に大気がなければ地球から見ることさえできないというのだ。

関氏は、「太陽表面がもし6000度なら、水星は火の玉になってしまう。だから、太陽は冷たい天体だ」と周囲に語っていたという・・

・詳細はソース


・衝撃 太陽周辺で何が起こってる?太陽天文台が謎の閉鎖?



・そういえば太陽は学界で定義されている距離よりも遥かに近い位置にあるって信じている集団もいたな

・6千度の高熱で個体として存在できる岩石ってあるの?

・プラズマ宇宙論とか物質には質量はあるが重力はないかもしれない説とか、暗黒物質は現在の宇宙論が生み出した幻影とかいう話もあるし、馬鹿にしたもんでもないんじゃないかと。

太陽の後ろの星々が見える重力レンズもコロナの100万度も太陽のコロナは超強力なオーロラで説明つくかもしんないし、と思ってる。

・太陽の温度が26度でも6000度でも何か問題あるの??
太陽系が始まってからこの状態で惑星も生命も存在出来た。
御天道様 ありがとう。

・こんな風に周り中からバカにされまくってた主張が大昔なら実は真実でみんなでビックリ!なんてこともあったんだろうけど、これだけ科学が発達しちゃってるとねぇ…。
それでも自分らの知識で理解に追いつかないと即否定ってのも乱暴で阿呆な考え方だとは思うけど…。

・コメント欄が常識で塗り固められた人達で溢れかえっている…(震)

NASAで8年間勤務した日本人が帰国した際にこの事実を発表し新聞にも取り上げられていた事実まであるというのに、

「よく勉強してから記事にしろ」というコメントを見るが、ほとんどの場合「よく勉強してから批判しろ」というブーメランになるケースはよく見かける。

・黒体輻射を基準に測定すると太陽表面から出ている電磁波(光)の波長の山はおおよそ5000〜6500Kの間に収まる。つまり、表面温度は約6000度と言って構わない。これは誰でも検証可能な「測定値」(客観性が担保された科学的手法に基づく値)。

少しは物理学を勉強してから記事を書いてくれ。

・一時間くらい演説してもらったりすると、見世物としては案外面白いかもしれない。

・こういう異端邪説の輩は 火あぶりじゃ!ギロチンじゃ!しかし、一時間くらい演説してもらったりすると、見世物としては案外面白いかもしれない。


・太陽が突然消えたらどうなるのか