442今回の代替え問題を取り上げたのは、徳間書店が運営するニュースサイト「アサ芸プラス」。10月3日朝に配信した「YOSHIKIの神対応に称賛 でも『漢字は苦手』疑惑が浮上!」という記事だ・・



記事では、台風による公演中止後に中継用の「無観客ライブ」を実施したことなど、YOSHIKIさんのファンに向けた対応を称賛。一方で、インスタ投稿の「代替(だいが)え」表記については、「書籍編集者」のコメントだとして、

「読みは『だいたい』。『だいがえ』ではありません。YOSHIKIさんは『代替案(だいたいあん)』を『代替え案(だいがえあん)』だと思っているようです」

と読み間違いを指摘。「世界的なスーパースターで英語がペラペラのYOSHIKIだが、漢字はいまひとつのようだ」と皮肉気な一文も続けていた。


・YOSHIKIさん 無観客ライブが話題に



こうした記事に、YOSHIKIさん本人が反応した。3日夜のツイートで、上記のアサ芸記事のリンクを紹介しながら、

「ごめんなさい!間違えていました」と謝罪。続けて、「勉強になりました!! 」ともつづっていた。




だが、こうしたYOSHIKIさんの謝罪に、ファンからは「YOSHIKIさんは間違ってないですよ」との反応も。実際、ツイートのリプライ(返信)欄には、

  「代替え←だいがえ 今は普通に言うので間違ってないんですけど」
  「代替え、普通に使うから全然気にしないでください」
  「わかりやすいようにわざと『代替え案(だいがえあん)』ということもある」

との擁護意見が数多く寄せられている。




 広辞苑(第7版)にも「だいが(か)え(代替)」の項目があり、そこでは「ダイタイの重箱読み」との説明が。また、逆に「だいたい」の項目をひいても、説明文には「だいがえ」とも読むと紹介されていた。

 また、明鏡国語辞典(初版)では、「『だいたい』が本来だが、『だいがえ』ともいう」と説明。実際、毎日新聞の9月20日付け記事など、新聞報道でも「代替え」という表記を使っているケースが多数あった・・

(source: J-CASTニュース - YOSHIKI、「誤読」指摘で謝罪も... 「代替(だいがえ)」って間違いなの?



・言葉は時代に応じて変化していくもの。その過程で多くの人々が誤用の方が正しいと信じて使用し続けた結果、そっちでもOKとなった事例は決して珍しいことではない。
独擅場を本来の読み方をできる人がどれだけいるだろうか。

・こういうツッコミをしたいならきちんと言葉の変化をインプットしてからにして欲しい。10年前には間違いだと言われていた言葉が今は国語辞典に載っていたりするから。
他の例だと、ら抜き言葉は可能か受身かわかりやすいってメリットから肯定する声もあるし、これも誤用かどうかが微妙になってきている(現段階ではあくまで口語において)。
明らかな誤用は指摘してもいいけど(意味が通じれば指摘しなくてもいいけども)、言葉の変化はその言葉がちゃんと生きている証でもあるからね。

・活字になっていれば代替で一目瞭然なんだろうけど耳で聞く言葉(ラジオ)は代替えのように分かりやすい方が嬉しい。
日本語は本当に難しい。

・言葉は変わりゆくものなのですが…いずれにせよYOSHIKI様の温厚な対応の方が好感が持てますね。

・「だいがえ」も使う人が多いからいずれ間違いではなくなりそうですね。
「依存」などは「いそん」か正しいけど、最近は「いぞん」と読む人の方が多い気がします。
今の日本語もこういう流れで成立してできたのだからある程度しょうがないと思います。

・えええーっ!
普通に「だいがえ」って読んでた!
YOSHIKIさんのおかげで勉強になりました!

・競馬が順延して翌日などに開催する場合は代替競馬と書いてだいがえけいばと言う
これはJRAや放送局なども統一してよんでいる呼称
少なくても現代の日本でだいがえと読むのは間違いとは言い難いのではないかな


・X JAPAN のYOSHIKIに銀シャリが私生活を聞く