fr3世界的なアーティスト「バンクシー」が描いた絵画のオークションで、落札直後、額縁の仕掛けが動き出し、ばらばらになる出来事がありました・・



匿名で活動するバンクシーは、政治的メッセージの強いストリートアートで知られています。キャンバスに描かれた代表作の一つ「赤い風船に手を伸ばす少女」のオークションが5日、ロンドンで行われ、約100万ポンド、1億5000万円で落札されました。

しかしその直後、額縁に仕込まれたシュレッダーによって、絵はずたずたに切り刻まれてしまいました。


・“バンクシー”絵画の仕掛けか 落札後に切り刻む



会場が騒然とするなか、オークションスタッフが無残な姿になった絵画を額縁ごと撤去していきました。

この出来事の後、バンクシーはインスタグラムに「行け、行け、行っちゃった」と投稿しました。

オークションを主催したサザビーズも「バンクシーに一杯食わされたようだ」とコメントしています。今回のオークションでの出来事もバンクシーによるアートの一環とみられていて、さらに値がつり上がるとする専門家もいます・・

(source: テレビ朝日系(ANN) - “バンクシー”絵画の仕掛けか 落札後に切り刻む


・Banksy artwork self-destructs after being sold at auction



・額縁にシュレッダー?? 知りたい、仕組みを。

・損壊して周囲の人の心を揺さぶるところまでがアートなのかと思うと中々に面白い。アートというよりRockだなと。

・バンクシーて凄いな。発想が。

・「遠隔操作できる額縁型シュレッダー」ってなかなかすごい

・絵が大勢の目の前でズタズタになりみんなが驚くところまでが1つの作品だったとするとすごい発想のアーティストだ。

・バンクシーは自分の作品を街中に「落書き」として発表し、自由に見てくれというのがメインのスタイル。そのため以前から「自分の作品を高額で買う人間はバカだ」と発言している。(ただ、活動資金のために販売もしているが)

近年アートバブルで絵画に金が流れているが、歴史的有名画家の作品はオークションや市場に出てこないので、現代美術の取引価格が異常な相場になっていることもバンクシーの批判意識の背景にあるようだ。

・>>さらに値がつり上がるとする専門家もいます。

芸術は主観性が強くて、何に価値が付くのか難しいな。

・有名な画家は死んでから評価されて、高額で絵画が取引される。

でも、このバンクシーという画家は、生きているうちに高額な

絵画が売買されている。すごいと思います。