fed5タレントのはいだしょうこさん(39)が、赤ちゃんのときに母親の膝に乗っている写真をインスタグラムに投稿し、反響を呼んでいる・・



はいださんは2018年10月4日、母親の思い出をインスタで語り、2ショットを2枚投稿した。

はいださんは、母親の誕生日に合わせて、昔の写真を投稿した。声楽家の母親の影響で、幼いときから童謡のステージに立ち、母親に連れられて全国を飛び回る毎日だったという。

母親は、そんなはいださんを厳しく指導しながらも、優しくサポートもしてくれた。はいださんは、高校在学中の17歳で宝塚音楽学校に合格し、親元を離れた生活を始める。しかし、苦しくて、悲しくて、納得いかないことがたくさんあったそうだ。


・はいだしょうこさん



そんなはいださんにとって、母親の励ましが大きな支えになった。寮にたくさんの手紙を送ってくれて、「どんなに周りに言われても、人を恨んだり、憎んだりしてはだめですよ。まずは、自分を磨きなさい。きっと、どこかで誰かがみてくれています」などと折に触れてアドバイスされた。

インスタのコメント欄では、「お母さんの御言葉心に染みます」「素敵なお母様がいたから、今のしょうこさんがいるんですね」と偉大な母親に感心する声が次々に寄せられた。

また、はいださんが母親と瓜二つなところも話題になっており、「そっくりですね!! 」「しょうこお姉さんかと思った」「美人さんなのはお母様譲りなのですね」などと書き込まれている。

(source: J-CASTニュース - 「お母様にソックリ過ぎ」 はいだしょうこ、母とのツーショットに大反響


・問題の投稿

今日は、母のお誕生日🎉🎂🎊 いつも母の後ろに隠れ、
泣き虫で引っ込み思案だった私。。。 小さい頃から童謡のステージで、
全国に飛び回っていた時も、
厳しく優しくずっと母が、
サポートしてくれていました。

17歳で親元を離れ、
宝塚での厳しい生活の時も、
今では理解出来ることも、
当時、若かった頃は
苦しくて、悲しくて、納得いかないことが沢山あり、
もがいて、もがいていた。。。 そんな時も、
母は、寮に沢山の手紙を送ってくれて。。。 そこにはいつも、
「どんなに周りに言われても、
人を恨んだり、憎んだりしてはだめですよ。
まずは、自分を磨きなさい。
きっと、どこかで誰かがみてくれています。
今、頑張った事は、必ずどこかで役に立つから。
そして、自分がされて嫌だった事は、
他人にはしないこと。困っている人がいたら、手を差し伸べてあげるのよ。
いつでも笑顔のしょうちゃんでいてください。」と。。。 今の私があるのは、離れていても、
母がちゃんと側にいて、寄り添っていてくれたからだと思う。。。 自分の子供は、
いつまでたっても子供よ😀✨
っといってくれる母に、
沢山甘えてきているけれど、
きっと、母にだって、大変なこと、辛いことがいっぱいあったんだと思う。

大人になった今、
考える事がよくあり、胸が熱くなります。。。 強くて、面白くて、たまに、おとぼけで、好奇心があって、
人に優しくて、歌が上手くて☺️ 尊敬できる母。。。 これからも、元気で、
まだまだ素敵な人生を
送ってもらいたいな。と願っています☺️✨ 母の娘でよかった!😀✨ いつも、ありがとう!!😌💕
そして、お誕生日おめでとう!!


・しょうこお姉さんの伝説のエトワール (千琴ひめか)



・とってもよく似ていますね。
お母さんの「人を恨まず憎まず自分を磨きなさい」の言葉はさすがだなと思いました。
心がけたいですね。

・普通にはいだしょうこって言われてもそうなんだってなると思う(笑) めっちゃそっくり。

・これは似ている。笑
本人ではとすら本当に思う。
お父さんの要素どこ・・・・。笑

・想像以上に似てた

・こんなに似てるのはすごい。
パーツも顔の大きさもカメラ目線も…


・はいだしょうこさん家族