ddrt5仙台市のユアスタ仙台で7日に行われたJ1仙台-浦和戦の試合前、地元中学生がピッチで演奏を披露している最中に浦和サポーターが大声で応援を続ける一幕があった・・



仙台を運営するベガルタ仙台(仙台市)は浦和のクラブに抗議した。

演奏を披露していたのは塩釜一中(塩釜市)の生徒たち。ユアスタ仙台には今季最多の1万8276人が来場。多くの浦和サポーターも集まっていた。

仙台の担当者は、抗議した理由について「応援する時間帯に制限はないが、子どもたちが一生懸命演奏している時にかぶせるのはいかがなものか」と話した・・

(source: 朝日新聞デジタル - <ベガルタ>中学生の演奏中も大声で応援続ける 浦和に抗議




・どこのファンだからって以前の問題だとは思うけど、チームに対する愛や熱い気持ちがあるのなら、チームに悪影響を与えるような行動は控えるくらいの分別は持とうや。

・チームを応援、サポート、忠誠心のアピールを履き違えた残念な方々が多い。浦和に限った事では無いと思うが、それでも浦和サポの度重なる蛮行はメディアに良く取り上げられてしまい浦和の印象がどんどん悪くなっている。
浦和レッズはクラブとして改善しようとしているのか疑問に感じてしまう。アウェイであってもこれだけ問題を起こしてるんだから、浦和からも警備員を導入して浦和サポの周辺に多めに配置するなどの対策が必要なのではないだろうか?

・最近の浦和は試合前からダラダラとコールするからな、、、
昔のスタイルの方が漢気があってカッコ良かった。

・読んでみると、試合前のイベントなんだよね。
大人げないないなあ、と思うけど。
結果、チームのイメージ自体も悪くなるわけで、何も考えていないのかな?

・ユアスタでの中学生の演奏について、復興支援の主旨があることを、地元紙なのに詳しく書かないのはなんで?
だから演奏に被せた浦和サポの応援にベガルタ側が抗議したことが分かりにくくなっている。

確かに運営サイドの問題はあったかもしれないけど、復興支援の一環だと、場内アナウンスできちんと説明されていました。
選手が練習していたいないに関わらず、聴いてあげる心の余裕はあっても良かったと思います。

・レッズサポが仙台のホーム戦で問題を起こしたのは今回が初めてではない。
公開結婚式のイベでもブーイングや「帰れ」コールを続けたり、サポに物を投げつけたり殴りかかったり、試合後スタジアム外で罵声を浴びせたり…
もはやサッカーで言えばレッドカード連発してるんだから、Jリーグはレッズサポを全員仙台ホーム戦を永久入場禁止にするくらいの厳罰を与えるべき!