e54個人としての国内での納税額が「70億円」になる予定だとみずから暴露するなど、相変わらず派手な話題を振りまいているが、じつはそのウラで率いる会社の株価下落が止まらない「異常事態」が起きていることをご存じだろうか・・



10月1日に社名をスタートトゥデイからZOZO(3092)に変更した同社の株価を見てみると、確かに今夏には5000円近くあった株価がいまや3000円台前半…。

7月18日には4875円の高値をつけていたところ、直近10月5日には3215円まで落ち込んでおり、この2ヵ月半で約35%も株価が急落しているかたちである。

株価下落の直接的な引き金となったのは、ZOZOが発表した18年4-6月期決算。


・話題となっている 前澤友作社長の報道




成長著しいZOZOだけにマーケットの期待感が高まっていたところ、いざフタを開けてみると「本業の儲け」を示す営業利益が26%もの大幅減益(前年同期比)であることが判明。これまでZOZOの成長を信じてきた機関投資家たちが、突然のネガティブサプライズに慌てて、一斉に「ZOZO売り」を加速させたのだ。

「さらに、投資家たちを不安視させているのが、前澤社長が乾坤一擲の勝負を賭けているプライベートブランド商品『ZOZO』の動向です」(財産ネット企業調査部長の藤本誠之氏)

顧客が自分のスマホなどを使って採寸できる「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を無料配布して、一人ひとりの体型に合ったプライベート商品を販売するのがプライベートブランド『ZOZO』のビジネスモデル。


・話題となった ZOZOSUITの仕様変更騒動



しかし、サービス開始当初からゾゾスーツの配送遅延が発生したり、受注したビジネススーツの納品まで時間がかかるなど、課題が次々に判明。画期的なビジネスモデルではあるものの、その先行き不透明感が高まっているのだ。

「そもそもZOZOSUITで採寸した人たちが、どれくらいプライベートブランドを購入するかがまったく不透明。

4-6月期の取扱高実績は約1.1億円だが、ZOZOはこれを7-9月期に15億円、10-12月期に77億円、1-3月期に107億円まで拡大させるという壮大な計画を立てている。
前澤社長が掲げるその目標に達することができるのか、マーケット関係者たちはいま『疑いの目』を持ち始めている」(証券アナリスト)・・

・詳細は(source: 現代ビジネス - ZOZOの株価が急落…! カリスマ・前澤社長に「最大危機」のワケ


・前澤社長、10億円ストラディヴァリウス演奏「奇跡の音色を届けていきたい



・実業家としての落ち着きが感じられないね。会社としては危なっかしくて投資の対象にならない。

・出る杭は打たれるというより
運と情熱でここまで成長できたが
毎日毎日くだらないプライベートでの話題は
株価と無関係なようで個人投資家には敬遠されるかもね!
大口の外国人投資家が売りなら
右肩上がりの成長は望めず
やがて淘汰されるでしょうね。
個人的には株価も前澤さんにも興味はない

・10月末の中間決算が楽しみです。
ゾゾスーツは一つのアイデアかもしれませんが、どうしても既製品のコストと納期にはかないません。ぴったりと合わせても余裕度やフィット感には個人差があります。ちょっとでも合わないところがあれば大きなクレーになります。(既製品なら仕方ないとあきらめるが・・・)
これに社運を賭けているならかなり甘い事業戦略と言わざるを得ません。(ノウハウを積み重ねるには相当の時間と投資が必要でしょう)
今の内に株は売却しておいた方がよさそう。

・社長のマイナスイメージが、株価に影響しない訳がない。

・SBの孫さんや、TOYOTAの彰男さんが、この人のことを「凄い人だけど真似できない」とかいうようなことを言ってたらしいけど、そりゃそうだ。真似したら潰れる。

・zozoの時代は終わりが見えてきた。社長が目立ち過ぎです。大企業の社長と違い嫌われ過ぎですね。次から次と女関係のだらしなさが駄目。

・もう手遅れ。
この経営者の嫌われようでは、皆zozoでは購入しないだろう。やっぱ出る杭は打たれた。

・普通、社長のイメージ=会社のイメージですからね。社長の言動に不満を感じたら、会社に対してもそうなるでしょう。社内には一言進言するような人材はいないのかな?

・この記事と読んで、やっぱりと思った。
これからもZozoでは買わない。

・どのような規模の企業であれトップがしっかりとした人望のある方でないとその地位には居続けられません。
この社長は凄いとは思うけど…ねぇって感じです。
一発屋にならなければいいけど10年後にこの企業があるかと考えたら。その先は各々のご判断と言うことで。


・堀江貴文のQ&A「ZOZOにライバルは現れるのか!?」