fsr5大相撲の第54代横綱で、北の湖とともに輪湖時代を築いた輪島大士氏(本名・輪島博)が死去したことが9日分かった。70歳。石川県出身。



輪島氏は、金沢高、日本大学と相撲部で活躍。大学時代には2年連続で学生横綱に輝くなど14個のタイトルを獲得した。

日大卒業前の1970年、花籠部屋に入門し、同年1月場所に幕下付出で初土俵。幕下を2場所連続で全勝優勝して当時の最短記録で十両入りし、4場所の十両を経て、初土俵から1年で新入幕を果たした。


・輪島大士さん 亡くなる



1972年9月場所後に大関昇進、大関4場所目の73年5月場所を全勝優勝とし、場所後に横綱に推挙され、第54代横綱に。初土俵からわずか3年半のスピード出世だった。横綱時代は故・北の湖前理事長としのぎを削り「輪湖(りんこ)時代」を築いた。

輪島氏は81年春場所で引退。花籠部屋を継承したものの、金銭問題などで85年12月に日本相撲協会を退職した。その後はプロレスラーに転身。

13年12月には咽頭がんの手術を受け、発声が困難な状況に。

(source: スポニチアネックス - 大相撲の元横綱・輪島こと輪島大士氏が死去 70歳 輪湖時代を築く







・北の湖さんをまさに追うようにですね。輪島さんが相撲協会を辞めてからも北の湖さんは番付表を送り続けていたとか。一流のライバル同士の友情だったのだろう。あの頃は先代貴乃花もいたし、まさに国技だったな。すごく寂しいです。ご冥福をお祈りします。

・向こうで貴乃花の親父と相撲談議に花を咲かせてください。合掌。

・波乱万丈の人生でしたね。ご冥福をお祈りします

・私は北の湖の大ファンでした。
小学生の頃、千秋楽の日曜日、
全勝の北の湖と全勝の輪島が対戦し
結びの1番で優勝が決まる…と言うのを
楽しみに興奮して見ていました。

北の湖も強かったけど
輪島も本当に強かった。

私にとっては、大相撲が一番面白い時代でした。

心からご冥福をお祈りします。

・本当にある時期を境にぷっつりと姿を消したよね・・

引退してからはいろいろあったと思うけど間違いなく「昭和の大横綱」でした。ご冥福をお祈りいたします。

・貴ノ花,輪島,北の湖…。一時代を築いた人が去っていくのは本当に寂しい。
あの頃はまさに大相撲って感じでワクワクしながら見ていたな。ご冥福をお祈りします。

・現役でなく、バラエティーのイメージが強い世代ですが、おおらかそうな人柄と面白さが印象に残っています。
残念。。。

・横綱としても凄かったですが、全日本プロレスに入団してからの天龍との試合は凄かったですね。

ご冥福をお祈りいたします。


・大相撲 北の湖 輪島 輪湖時代