ret鹿児島市平川町の平川動物公園で飼育していたホワイトタイガーに飼育員古庄晃さん(40)が襲われて死亡した事故で、9日午前に記者会見した石堂昭憲園長は「基本事項がクリアできていれば、起こらない事故」と語った・・



一方、襲ったとみられるホワイトタイガー「リク」を今後も園で飼育する考えを明らかにした。

石堂園長によると事故当時は、飼育員がおりを掃除している時間帯だという。
園のルールでは「同じ空間に人とトラが入らないようにする」ことにしており、通常の手順では「展示用のおりからトラを寝室に移動させ、おりと寝室の間の扉を施錠してから、おりの掃除に入る」という。


・話題となっている 平川動物公園の報道




「何らかの原因で古庄さんがトラと鉢合わせてしまった。原因については推測になってしまう」と話した。

古庄さんが一人で作業していたことについては「一部を除いて、どの動物も一人で対応する」と説明した。

また古庄さんの遺族から「(リクを)平川で飼育してください」と言われたことを明らかにし、殺処分せずに飼育を続ける考えを示した・・

(source: 朝日新聞デジタル - 飼育員襲ったトラ、殺処分せず 遺族「飼育して下さい」


・ホワイトタイガー の『リク』 (平川動物公園)



・虎は本能に従っただけ。人を襲ったことのある野生の熊は危険というけど虎は人を襲った経験の有無に関わらず最初から危険なのは分かり切っている。

・飼育員さんがよほど愛情を持って飼育していたのをご家族も知っていなければ、事故が起きたばかりでこんな言葉は出てこないでしょう。
マニュアル通りだけではなくて少しマニュアルを外れてしまっても事故が防げるような対策にしないと亡くなられた方も浮かばれません。

・やはり危険な動物の飼育をするということは、相当な覚悟をもって接しなければいけないと思うし、動物園も見る側も、その動物に対しての知識をつけて注意を払わないといけないと感じます。そうそう簡単に手懐けられる動物ではないでしょう。狩りをして生きている動物ですから。ホワイトタイガーに責任を押し付けるのは間違ってると思います。飼育の方法や指導に問題があったとすれば、動物園側の人間の方だと思います。

・飼育を続けて下さいってとても言える言葉ではないね
ご本人を初めご遺族皆さんが動物には責任がないということ言いたいのだろうな
ほんと涙が出てきちゃうよ

ご冥福をお祈り申し上げます。

・原則では、いちど人を襲った猛獣は殺処分になるそうです。
ただ、ホワイトタイガーは希少性の高い動物。
安全管理体制をしっかりとっていれば事故は防げた。
ご遺族は辛く悲しい気持ちを抑えてでも、そう発言するしかなかったのだと思います。


・“ホワイトタイガーに襲われ”飼育員死亡