fers6「いきなり!ステーキ」、米国では苦戦――。同名のステーキチェーンを運営するペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長が9日、この業態では初の海外進出先となった米ニューヨークで会見し、現段階では客数や収益が思い通りではないことを認めた・・



「いきなり!」は量り売りの厚切り肉を、客の目の前で切り分けるスタイルで知られる。立ち食いの手軽さや値ごろ感が受け、日本では330店以上を展開。

昨年2月にはステーキの本場、ニューヨーク・マンハッタンに海外1号店を出した。


・いきなり!ステーキ



サーロインステーキ10オンス(283グラム)で20ドル(約2250円)と日本での価格に近く、外食費が高いニューヨークでは格安。

しかし一瀬社長は「日本では安く売ってお客様数が圧倒的に多く成功した事業モデルが、こちらで成功できない。安く売れば客が入るわけではない」と話す・・

(source: 朝日新聞デジタル - いきなり!ステーキ、NYで「苦戦」 全米展開へ改善中


・VISITING IKINARI STEAK IN THE EAST VILLAGE



・アメリカでステーキ食うとわかるけど、日本のみたいに薄くないのよね。
赤身で分厚いやつが出てくる。
それをイメージしてるんだろうけど、焼き方をもう少し学んだ方がいい。
値段は手ごろではあるが。

・アメリカ人にしてみたら、何で立ったままステーキを食べなきゃならないのってことだよね。

日本で成功したことが海外でも通用するとは限らないってこと。

・自分で肉を買って焼いたほうが安い。
ソースにさえこだわればあとは何が違うんだ?って感じ。

・いちいち席を離れて注文するのが面倒です
それで美味くて安いならいいけど、そーでもない

・肉の嗜好、関税無しの現地ステーキ屋?との競争、商習慣の違い。

日本らしい商品を( ^ω^ )

・日本から来たのになんでKOBE BEEFじゃないんだ、と舌の肥えたニューヨーカーなら思うかも。

・つい数ヶ月前は絶好調みたいな記事を読んだ気がしたんだが。

・ステーキを食べ慣れてる人々からしたら大して魅力がないんだろうな。

・あの事件がばれちゃったから?


・ニューヨークの「いきなり!ステーキ」に行ってきた