fdstg6阪神金本知憲監督(50)が今季限りで辞任することが11日、分かった。今日にも発表される・・



今季は142試合を戦い、61勝79敗2分けで、01年以来17年ぶりの最下位が決まっていた。

前日10日は甲子園での今季最終戦。

金本監督は試合後のセレモニーで「選手たちは本当に開幕から目いっぱい、体を張って頑張ってくれましたけれど、私の力足らずのため、こういう結果に終わってしまい、心より謝罪とおわびを申し上げたいと思います」と話していた・・

(source: 日刊スポーツ - 阪神金本監督が辞任 今季最下位 今日にも発表


・阪神タイガース 金本知憲新監督就任会見



・10/10 甲子園での今季最終戦での挨拶





・金本監督 ブチ切れ騒動が話題に




・金本監督 今季限りで辞任


・中日、巨人の動きに外堀を埋められ、来期の体制も小幅改造。これでは留任出来る訳がないと観念したのでしょう。しかしながら、去っていかなければならない人はまだ周りや上にいると思います。ともかくお疲れさまでした。

・やはり辞任になりましたか。この成績では仕方ないでしょう。監督の続投が、チームのモチベーションに関わっている感じでしたからね。次の新監督に期待したいです。

・まずは、3年間お疲れ様でした。
3年間チームを強くしようと尽力されたことは大いに認めます。そして、その結果に対して、よく決断されました。これが現場の最高責任者の責任の取り方です。
選手の起用・采配はいただけなかった部分がありましたが、選手の素質を見る目はあったのではないかと思います。いずれ金本さんがやって来られた3年間の中で使ってきた選手が活躍し、「金本さんが苦労してやってきたから今がある」と評価される時が来ることを願っています。その時は、阪神とはいかないかと思いますが、他のチームで是非、指導者として復帰して下さい。
本当にお疲れ様でした。

・仕方ないでしょう。最下位という結果よりもCSがかかった終盤にチームのモチベーションを上げることができなかった。これは求心力の問題。これは来年やっても、いい結果は出ない。

・歴代の監督が若手を育ててこなかった
ツケを払わなきゃいけない、1番苦しい時に
1番難しい若手育成と立て直しを引き受けたのも事実
色々厳しい批判はあったが、金本が引き受けた時のファンの歓喜は一体何処にいったのか??
監督が悪いと言うけれど、コーチ経験すらない監督に阪神ファンは何処まででかい期待をしたんだろうか?
出来なければ全力で叩き潰そうとする阪神ファン
そんな姿勢では素晴らしい監督やコーチも来てくれないのでは!!
変わるべきは監督やコーチだけでいいのだろうか!?

・昨日の試合後の挨拶がすごく気になってました。
今季は確かに大概であったが、3年前のあの状況で火中の栗を拾ってくれたのも事実である。
もっと球団としてやらねばならないことがあるはず。
今回は仕方ない面もあるが、そこを取り組まねば、来年も二の舞となろう。
監督には、3年間お疲れ様と思う。

・阪神を強くしたいという思いは伝わってくる。ただ、あまりにも勉強不足で采配を揮うには本人の力が足りない。若手を抜擢するのはよかったが、それが続かないし辛抱強さもなかった。鳥谷にしてもスタメンで出したいが為の再三に渡るコンバート。去年は北條を遊撃に、空いた三塁に鳥谷。今年は大山を三塁、二塁を鳥谷。競争で勝ち取ったポジションではなく、スタメンで出したいが為の与えたポジション。これでは若手とベテランの科学反応が起きず、チームが強くならない。
ここから再生するには並大抵ではないし、金本よりも他に辞めるべき人間、コーチは絶対にいる。
このままでは高山ら、将来有望な才能が埋没してしまう。監督が変わってもコーチ留任ともあれば90年代以上の暗黒時代が待っている。


・2018年阪神レギュラーシーズン終了の挨拶