fd5松本人志(55)は、今回の裁判に「こういう自殺の話になったときに、原因をみなさん突き止めたがるじゃないですか」・・



「正直言って、理由なんて自殺、ひとつじゃないと思うんですよ。いろんな複合的なことが重なって、許容範囲を超えちゃって、それこそ水がコップからあふれ出ていっちゃうんだと思うんです。

これが原因だからってないんです。ないから多分、遺書もないんです」と自身の見解を示した。


・話題となっている 大本萌景さんの報道




さらに「これは突き止めるのが不可能で、もちろん、ぼくは事務所が悪くないとも言えないですし、言うこともできないんですけど、
我々、こういう番組でこういう自殺者が出てこういうニュースを扱うときになかなか亡くなった人を責めずらい、責めれないよね。

でも、そうなんやけど、ついついかばってしまいがちなんだけど、ぼくはやっぱり死んだら負けやっていうことをもっとみんなが言わないと、死んだらみんながかばってくれるっていうこの風潮がすごく嫌なんです」と持論を展開した。

「勉強、授業でも死んだら負けやぞっていうことをもっともっと教えていくべきやと」と訴えていた・・

(source: スポーツ報知 - 松本人志、愛媛ご当地アイドル自殺に「死んだらみんながかばってくれる風潮がすごく嫌なんです」




・自殺対策を別方向から考えるのは大事だと思う。
そういう面で良い意見。

・すごくわかる。
辛くて苦しくて、もう死を選ぶしかないくらい追い詰められた人を責める気は無いけれど、
なんとか、その道を選ぶことを思い留まってほしい。
今の風潮は、死を選んだ人をかばって同情して、て流れだけど、それは自分をよく知らない人たちの反応であって、
自分が追い詰められてきた時に、「死んだら身近な人たちがとても苦しんで悲しませることになる」ので、自分からその道を選ばないで欲しい。

・死んだら負けというか、すべてが終わりだと思います。
時には逃げるという決断もして欲しいです。
ただ、今回のケースはその逃げるという判断をさせない状況に事務所が追い込んでいる気がします。
確かに自殺はコップの水があふれた様に色々な理由があると思いますが、事務所はお子さんを預かった以上、その水を抜く努力をするべきはずです。
今回の件でコップに注がれた水は事務所が注いだ水が大半を占めていた感が拭えないです。

・このアイドルの娘には、大いに同情はするけど、やっぱり死んじゃダメだ。それと、厳しいかも知れないけど、ここの母親にも責任はある。未成年の娘は、やはり親が守らないと。被害者ぶって出てくるのは違うと思う。

・もっと違う事が言いたいんだろうけど、
TVじゃこれが限界だよね。
「自殺には色んな原因があって、それが溢れちゃう」
ってことは、事務所以外のどこかにも原因があったんじゃないか?
ってことだろうし、
すなわちそれは家庭だったり
本人の知恵とかそういった部分のことも含まれているんだと思う。
「死んだら負け」
って言うのは、
負けてもいいやって思ってる人には響かないかもな。
生きてる限りは色々な方向の道が見つかるわけだし、
八方塞がったようでも、良く探すと道があるよって
教えてあげたほうが良いのではないかな。