dasd5「三田さんもダンナさんも祐也被告が怖いんです。情緒不安定で、DV(家庭内暴力)を働くこともあったそうですから。被告への多額のお小遣いが話題にのぼりますが、あれも怖いから支払っている。三田家で祐也被告はアンタッチャブルな存在なんです」と明かす・・




三田佳子・次男と半グレ集団「関東連合」を結ぶ点と線


気になるクスリの入手ルートもヤバイ。夕刊スポーツ紙「東京スポーツ」は2000年5月に起きた「トーヨーボール殺人事件」の関係者であると報道。
この事件は大田区にあるボウリング場「トーヨーボール」の駐車場で、友人とダンスの練習をしていた少年が暴走族グループ「関東連合」のメンバーに襲撃され、激しい暴行を受けて亡くなった。

許しを請う少年の顔を凶器で殴り、頭部を路面に打ちつけ、至近距離でエアガンを乱射し、頭髪を焼き、舌をハサミで切るなどのおぞましい暴力を約1時間半に渡って行った。
この事件をめぐっては、亡くなった少年を抗争相手と勘違いした関連メンバーによる“人違い殺人”である可能性が高いといわれる。


・トーヨーボール事件



「この時の主犯格Sが高橋被告にシャブを渡した。S自身も重度のシャブ中で、トーヨーボール事件で服役後、クスリでも捕まっている」(捜査関係者)。

関東連合と三田家――。トーヨーボール事件の際も犯行に使われた車(黒のチェロキー)は「三田佳子」名義だった。
逮捕された関連メンバーは「車は三田佳子次男の高橋祐也から借りた」と証言し、三田の夫は緊急会見を開き「車は何者かに持ち出された」と反論。
三田もビデオを通じて「次男と事件について一切、関わりはありません。信じてください」などと涙ながらに訴えていたが…。


・高橋祐也被告




結局は18年前から高橋被告とSの関係は切れておらず、いまもなお被告は関東連合OBの“金ヅル”だった。Sには現在、覚醒剤取締法違反容疑(譲渡)で逮捕状が出ているという。

「三田さんが祐也被告に渡したお小遣いも、めぐりめぐってSや関連OBの元に流れている。彼らは一度弱みを握ったら、骨の髄までしゃぶり尽くす。三田家はこの20年間、半グレ集団の影に怯えて生きてきたのです」とは芸能プロ関係者・・


・高橋祐也が記者や役者からの評判が最悪だったことを坂上忍が暴露