dsa546大本さん自殺の背景には全日制高校への編入をめぐり、元所属事務所との間に金銭トラブルがあったことが判明。大本さんは学費を元事務所から借りており、MCの坂上忍(51)は「学費は家でまかなうべき部分」と指摘していた・・




母・幸栄さんは手記で大本さんが親に金銭的負担をかけたくないとの思いを持っていたことを告白。

また、全日制高校への編入も日曜日に仕事を入れたいという元所属事務所の意向があり、本心から望んでいた環境ではなかったとし「貸付を撤回されたことに対し、私と主人が代わりにお金を用意すればいい、というような単純な問題ではなかったのです」と訴えた。


・話題となっている 大本萌景さんの報道




これに対し、番組ではさまざまな意見が噴出した。

坂上は「萌景さんが『親に迷惑をかけたくないんだ』っていう気持ちは誰だって分かります。ただ、未成年なんですよ。親はいなきゃいけない。親の管理から全部外れちゃうって大丈夫なんですかって思う」とコメント。
「全体を通してちょっと分かりづらい文面だった」と感想を述べた。


・坂上忍「学費は家でまかなうべき部分」



フリーアナウンサーの高橋真麻(37)は「そもそも、どうして事務所に進学費用を借りようとしたのかっていうこと自体が不思議」と違和感を口にした。

タレントの柳原可奈子(32)は「生活に困窮して工面できなかったわけではないと。要は全日制を勧めてくれたのが会社の社長さんだったから、そっちをってことですよね。なんで不信感を持ってる、辞めようとまで思っている事務所から借りてっていうのが、何回読んでも理解できない」と話した・・

(source: 東スポWeb - ご当地アイドル自殺 母の手記に柳原可奈子「何回読んでも理解できない」





・これ、段々遺族側の雲行き怪しくなりはじめましたね。
母親のボロが出始めた。
犠牲なった娘がただただかわいそう。

・私も理解出来なかった。なぜ全日制に行きたいって言った時に快く賛成してあげなかったんだろう、なぜ事務所に借りると言った時に全力で止めなかったんだろうって疑問ばかり。娘さんは全日制に行きたいって言った時はアイドル活動はもう辞めたかった辞める覚悟だったんじゃないのかな?でも親は続けろ、学業より仕事優先、行くなら事務所に借りろって感じだったんじゃないかなって思う。これは事務所だけの責任ではない、娘の気持ちに真剣に向き合ってこなかった親にも責任はある。でなぜ父親がいるなら出てこない?

・今の時代ネットで検索すれば直ぐにバレるくらい分からないことが不思議に思う。この案件はマスコミ使って騒ぎを大きくして、リーガルファンディングで訴訟費用を賄って、少しでも賠償金を貰えればラッキーくらいの軽い気持ちだったことが素人目にも分かる。この家族は、まだまだボロが出ると思う。

・この子は親も含め、頼れる大人がだれもいなかったのかな
かわいそうだな

・元社長も母親も両方駄目やん!この子は両方の被害者やなぁ…。

・娘を口実に、事務所と母親との間に金銭の授受があったとしか考えられない。
娘は借金の担保か、人質か。

・私も親が理解できない一人です。『愛媛県では、家庭の経済状況にかかわらず、修学の意志のある県内の私立高校生(全日制)が安心して勉学に打ち込めるよう、県内の低所得世帯を対象に授業料(月額24,000円を限度)と就学支援金等との差額を助成し、授業料を実質無償化します。ってことだけど、それでも学費用意できないってどんな家庭?入学金が3万円で制服代が7万円も事務所が出してくれてたし。辞めるアイドルにさらに12万かりさせようと一緒に事務所に行くってありえない。12万って、アルバイトなりパートなり真剣にしたら1,2カ月で貯められるよね?他人の私だって、こんなに頑張ってて困窮してる子がいたら助けてあげたいって思うのに。


・自殺したご当地アイドルの母が学費問題で手記公開