dsa4ドーピングで声を作っているロックンローラーを演じる阿部サダヲと、声が小さすぎるストリートミュージシャンを吉岡里帆がW主演した映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」が、まさかの大コケを記録してしまった・・




「10月12日~13日の週末興行ランキングは今年最低といっていいほどの低調で、1位が千眼美子の舞台挨拶も大盛況だった長編アニメ『宇宙の法 黎明編』、2位が黒木華主演の『日日是好日』でした。けれど、2位の『日日是好日』の数字でも約9500万円。普段ならベスト5に入れないぐらいの興収です。

そんな中、吉岡主演の『音量を上げろ~』は214スクリーンで公開されながら映画館の空調代がもったいないんじゃないかと思ってしまうほどの閑古鳥です(笑)。初週で12位とまさかのベスト10圏外、興収も3000万円程度だと言われています」


・映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』



「『座席がガラガラで座ってるのが辛い』という観客からの報告もあり、これには映画マニアもア然、初日ですら客を集められないために、“吉岡の潜在人気の低さを物語っているのでは?”という声があとを絶ちません」

数少ない観客からの全体的な評判も芳しくなく、「ギャグが寒すぎる」「必死の番宣につられて観てみたが大失敗」「ガッカリ度マックス」など散々。逆に時々目立つ称賛の声は「吉岡里帆が可愛かった」「昔からファンでした」など、映画の内容そのものとはあまり関係ないものばかり。

「吉岡だけを観に来たファンにとっては、確かに可愛く見えるシーンは多かったので満足なんでしょうね。でも、ここまで客が入らないのは、お金を払ってまで彼女を観たいという人が少ないことの証明でもあります。

酷な言い方ですが、今後も映画進出を目指しているとしたら、何らかの軌道修正が必要なのかもしれません」・・

(source: アサ芸プラス - “潜在人気”低かった!?吉岡里帆、主演映画に「席がガラガラすぎて怖い」の悲鳴


・阿部サダヲ&吉岡里帆 音量を上げて言いたい不満



・マスコミに作られた嘘の人気

・ドラマもダメ映画もダメ
人選ミス
まあ仕方ないよ時代のバグとして処理すべき人
つーか個人的には最初から分かってたよ
この人は絶対ブレイクしないって
根本的に可愛くないよ
無理

・ここまで人気の無い女優も珍しいよね。
人気が無いのに、人気がある(出演作やCMが多い)って、すごいねじれ。
このパターン、出れば出るほど嫌われるやつだ。

・役者を見るために映画を観てるんでしょうね、こういう記事書いちゃう人って。

作品自体が つまんなそうだからだと思いますが普通は。

・個人の為に映画見る人ってそんなにいるかな?

俳優の問題も少しはあるだろうけど、それ以上に台本がよくないのでは?
どんなに俳優よくてもストーリーがいまいちじゃ誰も好んでみようとしないよ。
今はネット社会ですぐ評価がネット上にでるし、もっとまともな内容考えた方が良いんじゃない?

・CMドラマのほうが当たると思うよ


・「音量を上げろタコ!」主題歌MVメーキング映像解禁